楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« うまいもの見つけた VOL.590 鮨おおしお | メイン | 麺食い日記 Vol.933 うどん処 松島 »

2016/01/10

叶嶽~高地山~高祖山~鐘撞山~叶嶽縦走周回登山 2016年 第3登

Dsc09810

今年の3登目は地元の山

まずは、叶嶽にワンワンコースから登り始める。9:50

午前中は曇り、午後から晴れる予報。

冒頭は5合目からの写真。

背振山の奥の九千部山まで見通せる。

写真を撮っていると、名物先生が降りてくるのと入れ違いになった。

挨拶すると、ここは、初日の出を拝むのにいい場所だよと教えられる。

なるほど、ここからだと、左手の油山の真ん中あたりから日が昇るだろう。

来年は、ここから見るか・・・などと考えながら頂上を目指す。

ただ、今日は足が重い。結構、息も切れる。

登り始めから本調子でない苦しい登山。

通常よりかなり遅れて叶嶽の頂上に到着。10:49

Dsc09811

ここで小休止。

体調は悪くないが足が上がらない。

理由は不明だが、まったくペースが上がらない。

一瞬このまま下山することも考えた。

が、少し休むと、まあ、もう少し行ってみるかという気持ちになったので

縦走路に入る。

相変わらず、苦しい登山。

Dsc09812

何とか、高地山頂上を通過。11:33

とりあえず、飯盛山と高祖山の分岐まで行こうと思い足を引きずり

一歩一歩進む。

Dsc09813

何とか分岐に到着。気温は5℃。11:35

ここで煙草を一服、給水、飴玉1個補給しながら

飯盛山に向かうか、高祖山に向かうか考える。

飯盛山経由で帰れば距離も少なく楽だ。

ただ、今日は、何となく苦しいルートを選択したい気分。

結果、高祖山を目指すことに決定。

さらに縦走路を進む。

途中、防空壕前を通過。12:35

Dsc09814

ここから高祖山まではわずかだ。

少し、足取りも軽くなってきた感じだ。

Dsc09815

高祖山頂上到着。12:40

1家族が弁当を広げていた。

俺もここで喰おうかと思ったが、何となくその気になれず通過。

ここで引き返すか、さらに先へ進むか・・・

結論は、先へ進むことに。

Dsc09816

広場に倒れた巨木。これはこれで味がある。

Dsc09817

下ノ城址を通過し未踏の鐘撞山を目指す。12:49

この辺りからエンジンがかかってきた。

いつものペースな感じだ。

Dsc09818

第一望楼の標識登場。

ルートは外れるが登ってみることに。

Dsc09819

ちょっとした広場になっているが、植林が邪魔していて眺望は得られない。

給水、飴玉1個、煙草一服で鐘撞山へのルートに戻る。

ここから、300mで鐘撞山到着。13:26

Dsc09822

ここは、展望台になっていて3方向に眺望が。

Dsc09823

糸島の可也山方面。

Dsc09824

能古島方面。

Dsc09825

さっき通過した高祖山方面。

ベンチの間に三角点もあった。

Dsc09820

ここから、上ノ原方面に下山。

一旦、平地に降りる。

降りきったところから、叶嶽神社に向かう。

Dsc09826

ここから、再度、叶嶽を登る。14:10

ここまでの行程で足には、かなり疲労が蓄積している感じ。

膝とふくらはぎ辺りに軽い違和感あり。

ゆっくり登り始める。

途中の展望台で休憩。14:39

Dsc09827

糸島の町と海と山。

Dsc09828

でかいお地蔵さんの脇を通過。14:51

不動岩の標識。

Dsc09829

ここを左に124歩?

不動岩だ。15:05

Dsc09830

ここから一気に叶嶽頂上へ。本日2度目。15:14

Dsc09831

ここからは、通常の登山道を降りきり、無事終了。15:55

今日は調子がイマイチの中、鍛錬遠足みたいになってしまった。

昼飯の準備はしていたが、何となく食いそびれ

途中、口にしたものはペットボトル2本の水と飴玉3個。

今日は本当に疲れたが、未踏のコースを制覇できて自信になった。

活動時間 6:05

活動距離 13.19km

高低差  405m

累積標高上り 1,624m

累積標高下り 1,629m

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397078/33709711

叶嶽~高地山~高祖山~鐘撞山~叶嶽縦走周回登山 2016年 第3登 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿