楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 麺食い日記 Vol.927 うどん処 松島 | メイン | 麺食い日記 Vol.928 島系本店 »

2015/12/19

御前岳~釈迦岳縦走 2015年 第46登

001
今日は、念願の福岡県最高峰、釈迦岳登山に挑戦。

自宅から九州道八女インター経由442号線を走り約2時間かけて

登山口である杣の里渓流公園に到着。

気温は氷点下1℃。

003
今日の登山は、福岡県第2峰の御前岳(1211m)に登り、

釈迦岳(1231m)に縦走をかける計画。

004
今日は、源流の森は位置的に遠回りになるためパス。

005
この看板は、山サイトで事前確認したところ問題ないことが分かったので無視。

006_2
まずは、この舗装道路から登り始める。9:16

008
最初に出迎えてくれた滝。

009
いきなりの鎖場。

010
渓流沿いに登っていく。

途中、何回かの渡渉を経るが、踏み跡はしっかりしていて

道に迷うことはない。

011
途中こんなところも通るが、傾斜は緩く、快適である。

012
10:00 林道に出る。

その間、親子2人で登っている登山者を追い越す。

小学生の男の子が少しへばっているようだ。

013
林道を少し西に歩くと、また、登山道に出会う。

まあ、ここまではウォーミングアップといったところか・・・

ただ、ここから先は急に傾斜がきつくなりなかなかタフな登山道となる。

014
一応、尾根のようなところに出る。

御前岳山頂は、ここから、0.4km

015
雷の木とよばれるところにくる。

確かに雷にやられたような松が生えている。

天気は快晴、遠くの山まで見通せる。

016
気温は氷点下の筈だが、風もなく、ここまで登ってきたことでの

体温上昇で寒さは全く感じない。

017
雷の木のすぐそばの鎖場。

相変わらず50肩に苦しむ俺は、ストックをザックに結わえ付け慎重に登る・・・

019
10:56御前岳山頂に立つ。登山開始からちょうど100分だ。

ここで、給水と煙草休憩をとりながら大パノラマを愉しむ。

021
大分方面・・・別府の由布岳が見えている・・・

022
北方面、中央に英彦山が見えている。

英彦山は、今いる御前岳に次ぐ、福岡県3番目の山だ。

023
こんどは、西南の方角。

雲仙普賢岳がうっすらと見えている。

024
南側の山々・・・

025
南東側には阿蘇五岳の涅槃像が横たわっている。

しばらく景色を眺めていると、先ほどの親子が、無事到着。

久留米から来たそうだ。

4年生位の男の子が頂上の雪を触ってはしゃいでいた。

お父さんに写真を撮って貰った。

026
こちらも、親子の写真を撮ってやり、しばらjく会話。

父親曰く、息子が、体力的にきついので、釈迦岳縦走はせず、

そのまま下山するとのこと、

お互いの道中の安全を祈りつつ別れ、一路、釈迦岳を目指す。11:10

028
縦走路に入ると、道には雪が残っている。

029
新雪は、歩くとギュッギュッと音がして気持ちが良い。

快適な縦走路だ。

030
そらを見上げると、真っ青な空。

風もほとんどない。

031
鎖場・・・

大きな岩を鎖を頼りに登っていく。

結構、体力を消耗する。

032
正面に目指す釈迦岳が見えてくる。

なんと鋭角的な山だ!

あの急勾配を登って行くんだなと自ずと緊張が走る。

033
鎖場の鎖が雪でキンキンに冷えていて、しかも滑りやすいので

ここでも細心の注意をはらい登っていく。

034
そして、福岡県最高峰、釈迦岳山頂に到達。12:12

登山開始して約3時間(途中休憩約15分)

035 
振り返れば、辿ってきた御前岳からの縦走路。

奥には石割岳と平野岳(双耳峰)が見えている。

いつか登ると決めている山。

036
釈迦岳山頂のお釈迦様。

037
雪に埋もれた一等三角点。

038
脇には小さな祠もある。

039
英彦山方面。

040
南側の山々。

045 
自撮りの記念写真。少しドヤ顔。

047
南側の阿蘇方面。手前の山で隠れ気味。

男性ソロ登山者2名とすれ違う。

逆のルートから登ったんだろう。

048

049
もう一度御前岳に別れを告げて下山開始。12:28

051 
東方面。奥に久住の山々が見えている。

052
レーダードーム。今日は立ち寄らず。

053
下山途中、振り返ると釈迦岳。

054
下山道も雪。

055
登山口到着。12:55 下山開始30分経っていない。

こっちから登ればめちゃ楽だったなぁと思いつつ

出発点の杣の里渓流公園まで向かう 。

それにしても雪が多い。

057
たぶんイノシシの足跡。

059
林道を下れば辿りつけるが、敢えて、釈迦岳自然遊歩道を歩く。

060
倒木にも雪が積もっている。

061
小さな滝・・・

064
氷柱がっ!・・・

066_2
八ツ滝という大きい滝。

068
そまのおおつりはし。

鍵がかかって渡れなくなっていた。

そして、出発地点の杣の里渓流公園に無事到着。

今回の登山、滝あり、雪あり、氷柱あり、そして、鎖場、渡渉と盛り沢山で

楽しかった。何より、好天に恵まれ360度の絶景パノラマを見られたことも

大きな収穫であったのと同時に良き思い出になった。

活動時間:4:34

活動距離:7.95m

標高差:655m

累積標高登り:1134m

累積標高下り:1082m

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397078/33688169

御前岳~釈迦岳縦走 2015年 第46登 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿