楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 麺食い日記 Vol.916 博多一幸舎 慶史店 | メイン |  大船山登山 2015年 第41登 »

2015/10/24

 中岳・久住山登山 2015年 第40登 (女房久住デビュー)

006
今日は、女房の久住デビュー!

前々から連れてきてやりたかった久住。

タンスの角にぶつけて傷めた足の小指の回復状況をみながら本日決行。

自宅を7:30に出発。

牧ノ戸登山口に9:30ごろ到着。

駐車場は、ほぼ、満車だったが、奇跡的に一つ空いてて駐車。

トイレを済まし、登山準備をして9:58登山開始。

冒頭の写真は、コンクリ坂を登った最初の展望台から見た三股山。

今日も快晴。絶好の登山日和だ。10:10

007
遠くに由布岳も見えている。

手前のススキが、しっかりと秋を演出している。

ここからさらに登り、沓掛山手前の広場に出る。10:20

008
阿蘇の勇姿が見えるが、今日は阿蘇中岳の噴煙は見えない。

沓掛山を越えて振り返ってみる。

009

010
ここでもススキが良い感じだ。

さらに歩く、11:07

星生山の紅葉が見事だ・・・

013
扇ケ鼻分岐を過ぎると左手に星生山。

尾根伝いに登る人たちが蟻のように見える。

女房にとっては、初めて見る光景で、新鮮だったようだ。

014
11:27西千里ケ浜に出る。

正面に主峰、久住山、左手には星生崎が見えてくる。

015
右手はススキが風にそよいでいる。

心配だった女房の足の指も問題なさそうだ。

快適な登山が続く。

016
星生崎の下を通過・・・

空が、青い!

017
避難小屋広場でトイレと昼ご飯休憩。

そのまま、久住山を攻めようかと思ったが、

団体の登山客が蟻の行列のように久住山に連なっていたので

急遽、中岳登頂に予定変更。

12:30頃、御池を通過し12:40頃

天狗ケ城と中岳の鞍部に着く。

022 
021
中岳にアタック開始。

12:50 中岳頂上に到着。

030
今日も景色が良い!

左手が大船山、右手前が白口岳。

026
稲星山と奥に見えるのが、祖母・傾山系・・・

027
久住方面・・・

028
見下ろせば御池がエメラルドグリーンに輝いている・・・

032
中岳で休憩した後、下山。

途中、再度、御池を通る。

037
ここから、そのまま、牧ノ戸峠まで引き返すか、久住山にも登るか・・・

女房に意向を確認すると、登りたいという。

ただし、きつくなければねという条件付き?

きつくない山登りなど無いはずだが、女房の足取り、眼力、気力から判断し

九重攻略を決定。

久住別れまで戻り、最後のガレ場を二人で、エッチラオッチラ登る。

そして、14:00 久住登頂!

041
おやつに持参したみかんを食べ休息。

そして、絶景を堪能・・・

星生山、硫黄山、三股山方面。

044
三股山センターの写真・・・

045
天狗ケ城、中岳の双耳峰と右奥手前から白口岳、そして大船山。

左方向はるか遠くに由布岳。

046
星生山をバックに・・・

049
撮影に余念がない女房・・・(顔出し厳禁)

051
そして慎重に下山・・・

頂上付近は風が強く、冷たかったが、避難小屋前広場におりてきたら

暑くなってきた。

久住山バックに上着を脱ぐ、女房・・・

052
西千里浜に戻ると、来るときにも見たススキが、太陽の位置が変わったために

キラキラ光っている・・・

056
星生山の斜面も夕日を浴び、朝の色とは違う見え方だ・・・

058
沓掛山からの景色・・・

061
紅葉に見入る女房・・・

066
扇ケ鼻方面の紅葉・・・

067
そして、16:35無事下山完了。

最高の天気に恵まれ、楽しい登山になった。

ここから、手配していた貸別荘に移動。

068
温泉で疲れを取り

豊後牛と久住夢ポークの焼肉でパワーをつけ・・・

070
明日の大船山登山に備えるとしよう・・・

活動時間 6:37

活動距離 11.54km

高低差 492m

累積標高登り 1491m

累積標高下り 1501m

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397078/33623495

 中岳・久住山登山 2015年 第40登 (女房久住デビュー)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿