楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 麺食い日記 Vol.883 井手ちゃんぽん 小戸店 | メイン | うまいもの見つけたVOL.536 高裁食堂 »

2015/07/24

井原山&944mピーク往復縦走登山 2015年 第28登

Dsc08695

今日は、三瀬峠から井原山をめざす。

井原山には過去、キトク橋ルート、水無鍾乳洞ルートで2回登頂。

今回の三瀬峠ルートは初。

Dsc08696

登山口にある標識、めざす井原山までは4.6kmの道程。

快調に歩き始める。

蒸し暑いが、風があるのでなんとか凌げる。

Dsc08697

途中にあった石。

誰が何のために刻んだのであろうか。

象形文字風にも見える感じだが、ひょっとして古代人?

そんなわけないか・・・

Dsc08699

調子よく進んでいると、足許に蛇が!

ちらっと見た感じ頭が三角だ。

取りあえずズームイン!

Dsc08700_2

マムシ~っsign03

近寄らないように、刺激しないようにして、やり過ごす。

ヤッパ、いるんだ、マ・ム・シ・・・・・

気を付けないと噛まれたら大変だ。

Dsc08702

途中、こんなところを通る。たぶん694mのピーク?

井原山まであと20分とある。

ここまで80分くらい歩いてきた計算だ。

Dsc08703

森の中から尾根に出た。

途端に花や蝶が多く見られる。

さっき、野鼠と野兎も目撃。

マムシも含めて夏の山の生命が活動的になっていることを実感。

もうすぐ頂上だ。

Dsc08704

頂上には7~8組の他山者たちがいた。

気温は20℃、だが、涼しい風が吹き、気持ちが良い。

眺望はいまいちだ。

ここで少し休憩をして、雷山方面をめざす。

余裕があれば雷山まで縦走をかけてみたいのだが、

この暑さと、湿気で体力が持つだろうか・・・

Dsc08705

この分岐を雷山方面へ・・・

いくつかのアップダウンを経て944mピークへ。

Dsc08706

ここから雷山を見ると、あと2山3山越えていかなければならない。

残された体力と時間と水から判断してここで引き返すことに。

Dsc08707

玄界灘方面・・・

Dsc08708

先週登った天山方面。

ここでも眺望はいまひとつだ。

井原山に引き返す道中、思いもかけない人物と出逢った!

Dsc08710

会社の先輩で、18年位前、直属の上司であった方だ。

御年、74歳、古場から登ってこられて、944mピーク辺りのブナの木を

見に来られたとのこと。

紅葉の時期に再度登って写真撮影をするのだとか・・・

謂わば、そのためのロケハンである。

偶然の出会いであ互いにびっくりして、山の中で暫し立ち話。

聞けば、先日ご友人とヒマラヤにトレッキングに行かれたとのこと。

5000m級の山を3座ほど登られたらしい。

いやあ、参りました!

また、どこかで逢いましょうということで別れたのだが、

こんな山の中でピンポイントでお会いできるとは、凄い確率。

別れて井原山を登り返して下山。

Dsc08711

三瀬峠に戻る途中、正面に金山が見える。

こんどは、渓流沿いに金山を登ろうと早くも計画を立てる。

Dsc08712 

途中で面白い岩を発見。

でも、気を付けないとこの割れ目にマムシがいたりするので要注意。

迂闊に腰かけたりしたら大変だ。

三瀬峠近くでまたヘビと遭遇。

Dsc08713

こいつは、無害な奴だ。と思ったが、後で調べたらヤマカガシ!こいつも毒蛇!

山には色んな危険が潜んでいるんだなあ・・・

気を付けないとね。

てなわけで、本日の登山終了。

途中、アップダウンの多いコースで、バテバテの登山になった。

活動時間 6:21

活動距離 13.07km

標高差   411m

累積標高差上り 1609m

累積標高差下り 1604m

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397078/33486497

井原山&944mピーク往復縦走登山 2015年 第28登 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿