楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 2015年6月 | メイン | 2015年8月 »

2015年7月

2015/07/31

うまいもの見つけたVOL.539 にくやん

002
にくやん

今日のランチは、焼肉屋さんで牛丼、600円。

最初は、小さめの丼と思ったが、食べてみると意外にボリュームあり。

肉も多く、つゆ沢の状態で出てくる。

他にサラダ、汁物、漬物付。

次はローストビーフ丼を喰ってみるか・・・

001

2015/07/30

うまいもの見つけたVOL.538 和食 笠

001 
和食 笠

今日は、ブリ茶漬けでも喰おうと訪問したら、新メニューのカレーライスが

登場していたので、試しに発注。500円

大分時代、和食屋さんなのにカレーが旨い、都町の竹善というお店があったが、

ここのカレーも旨い!

このお店は、何といっても、ご飯が美味しいというのが強みだよなあ・・・

2015/07/29

麺食い日記 Vol.885 ねむの木

001_2
noodle ねむの木

会社のそばにある喫茶店っぽい店でランチ。初の訪問。

定食メニューもあったが、季節の野菜のパスタ、大盛850円を注文。

ペペロンチーノ風のパスタだったが、可もなく不可もないというのが

正直なところ。

たぶん、この店に来ることはないだろうなぁ・・・

★★★☆☆

2015/07/28

うまいもの見つけたVOL.537 六ちょう

001
六ちょう

今日は送別呑み。

大将にお任せで注文。

写真はお通しの後に出てきた島オクラの料理。

さっぱりして美味しい。

オクラは愛媛県のオクラということで、少し細いのが特徴。

002
刺身の盛り合わせ。

003
牛のタタキ

004
旨いと評判のメンチカツ。

楽しい飲み会になりました。

照明の関係か、写真が緑がかってしまいました。

空気の読めない奴

Image02244x188

今日、中華料理屋さんにランチに行った。

このお店は、結構、繁盛していて

昼飯時には必ずと言っていいほど行列ができている。

今日も例外ではなく順番待ちの人が5人ほど並んでいた。

この店には、入口に待合スペースがあって店内のどこから見ても

待っている人がいるなぁということを認識できる状況にある。

なのにである!

早々に食い終わった中年の親父3人組。

爪楊枝でシーハー言いながらくだらないことを話し続けている。

待合スペースに俺らを含めて8人が溜まっているににも拘らずである。

俺は、視線は軽く、だが、喰い終わったら早く出ていけ!という

強い念を込めて中年親父たちを見る。

されど、念が足りないのであろうか、その親父どもは素知らぬ顔で

馬鹿話を継続する・・・

俺は頭にきて、さらに、とっとと出ていけ!この無神経野郎!という

強烈な念と、こんどは、かなりきつめの視線を送ったのであった。

それが、奏功したのか、馬鹿親父の一人がやっと状況を把握したようで

ばつが悪そうに出て行った。

やっと気づいたか!この間抜け親父たちめ!

これで、一歩前進。

だが、この席には先に待っていた4人組が座り、

俺たち(3人)の番までは、間に中年のおばさん一人を挟む状況となった。

そんなタイミングでカウンター席1席と2人用テーブル席が空いた。

通常ならおばさんは一人なのだからカウンターに座り、

2人用のテーブルに俺ら3人のうちの2人が先に座り、

もう1席空くのを待つという流れになる筈なのだが、

そうならなかった。

何と、そのおばさん、堂々と2人用テーブル席に一人で座るではないか。

これには、俺らも、店の女性も唖然!

コンチクショウ!ここにも空気の読めない奴が居やがった!

しかも、ノースリーブから弛んだ二の腕を出しながら平然とスマホをいじりはじめやがる。

注文は偉そうに回鍋肉定食だ。(注文は関係ないか・・・)

このおばさん、性格の悪さが、モロ顔に出ているタイプ。

きっと職場の仲間に相手にされず、一人で中華屋にきているに違いない。

このババア(ここからおばさん→ババアにチェンジ)のお蔭でカウンター1席と

このババアの2人用テーブルの対面1席しか空きがなくなった。

何とも中途半端な状況が発生。

勿論、俺ら3人のうちの1人がカウンターに座ればいいのではあるが、

2人を立たせておいて、1人だけ先に座るってなかなかやりづらいものがある。

因みに俺らの後には4人組と5人組が待っていたのだが、

彼らを先に座らせるにしても中途半端な訳だ。

3人で待つこと3分、このババアの横の2人用テーブルが空いたので

カウンター1とテーブル2で、一応3人収まった。

テーブルの方に座った俺が、食事の間中、このババアに対して

空気読めよな・・・という視線をチラチラ送ったのは言うまでもない。

本当にいい歳こいて、周りが見えてない奴っているんだよなぁこれが!

何だかねぇ~

 

麺食い日記 Vol.884 舞鶴麺飯店

001
noodle 舞鶴麺飯店

今日は、肉を喰う予定だったが店が閉まっていたので

急遽、舞鶴麺飯店に変更。

写真は、担担麺、650円。

辛さも控えめで上品な味。

麺は太麺が良いのだけれど、かなり細い麺。

スープはゴマの味がしっかりしていてGOOD!

★★★★☆

 

2015/07/27

001_2 
、ゲット!

会社で何故か、山梨県産の桃の販売・・・

定価3200円の贈答用の立派な桃。

写真では分かりにくいが、1個がソフトボール大。

これを、な、な、何とsign03 500円でご提供sign03

即、1箱ゲットしました。

今晩、冷やして喰うぞ~っsign03

うまいもの見つけたVOL.536 高裁食堂

001
高裁食堂

夏休み明け、久しぶりに職場復帰。

クソ暑いので向いの裁判所でランチ。

カレーライス、450円。

辛味ソースの代わりに七味をかけ、漬物は福神漬けが苦手なので

紅ショウガと高菜を。

何の変哲もないカレーだが、たまに食べたくなるから不思議だ。

でも閉口するのは裁判所入り口でのガードマンによる検査。

金属探知機を通らされるのが面倒。

10人くらいのガードマンがいるが、明らかにそんな数は不要。

しかも爺と婆なので、いざという時には役に立ちそうもない。

暴力団対策のようだが、完全に税金の無駄遣い!

 

2015/07/24

井原山&944mピーク往復縦走登山 2015年 第28登

Dsc08695

今日は、三瀬峠から井原山をめざす。

井原山には過去、キトク橋ルート、水無鍾乳洞ルートで2回登頂。

今回の三瀬峠ルートは初。

Dsc08696

登山口にある標識、めざす井原山までは4.6kmの道程。

快調に歩き始める。

蒸し暑いが、風があるのでなんとか凌げる。

Dsc08697

途中にあった石。

誰が何のために刻んだのであろうか。

象形文字風にも見える感じだが、ひょっとして古代人?

そんなわけないか・・・

Dsc08699

調子よく進んでいると、足許に蛇が!

ちらっと見た感じ頭が三角だ。

取りあえずズームイン!

Dsc08700_2

マムシ~っsign03

近寄らないように、刺激しないようにして、やり過ごす。

ヤッパ、いるんだ、マ・ム・シ・・・・・

気を付けないと噛まれたら大変だ。

Dsc08702

途中、こんなところを通る。たぶん694mのピーク?

井原山まであと20分とある。

ここまで80分くらい歩いてきた計算だ。

Dsc08703

森の中から尾根に出た。

途端に花や蝶が多く見られる。

さっき、野鼠と野兎も目撃。

マムシも含めて夏の山の生命が活動的になっていることを実感。

もうすぐ頂上だ。

Dsc08704

頂上には7~8組の他山者たちがいた。

気温は20℃、だが、涼しい風が吹き、気持ちが良い。

眺望はいまいちだ。

ここで少し休憩をして、雷山方面をめざす。

余裕があれば雷山まで縦走をかけてみたいのだが、

この暑さと、湿気で体力が持つだろうか・・・

Dsc08705

この分岐を雷山方面へ・・・

いくつかのアップダウンを経て944mピークへ。

Dsc08706

ここから雷山を見ると、あと2山3山越えていかなければならない。

残された体力と時間と水から判断してここで引き返すことに。

Dsc08707

玄界灘方面・・・

Dsc08708

先週登った天山方面。

ここでも眺望はいまひとつだ。

井原山に引き返す道中、思いもかけない人物と出逢った!

Dsc08710

会社の先輩で、18年位前、直属の上司であった方だ。

御年、74歳、古場から登ってこられて、944mピーク辺りのブナの木を

見に来られたとのこと。

紅葉の時期に再度登って写真撮影をするのだとか・・・

謂わば、そのためのロケハンである。

偶然の出会いであ互いにびっくりして、山の中で暫し立ち話。

聞けば、先日ご友人とヒマラヤにトレッキングに行かれたとのこと。

5000m級の山を3座ほど登られたらしい。

いやあ、参りました!

また、どこかで逢いましょうということで別れたのだが、

こんな山の中でピンポイントでお会いできるとは、凄い確率。

別れて井原山を登り返して下山。

Dsc08711

三瀬峠に戻る途中、正面に金山が見える。

こんどは、渓流沿いに金山を登ろうと早くも計画を立てる。

Dsc08712 

途中で面白い岩を発見。

でも、気を付けないとこの割れ目にマムシがいたりするので要注意。

迂闊に腰かけたりしたら大変だ。

三瀬峠近くでまたヘビと遭遇。

Dsc08713

こいつは、無害な奴だ。と思ったが、後で調べたらヤマカガシ!こいつも毒蛇!

山には色んな危険が潜んでいるんだなあ・・・

気を付けないとね。

てなわけで、本日の登山終了。

途中、アップダウンの多いコースで、バテバテの登山になった。

活動時間 6:21

活動距離 13.07km

標高差   411m

累積標高差上り 1609m

累積標高差下り 1604m

2015/07/23

麺食い日記 Vol.883 井手ちゃんぽん 小戸店

Dsc08694

noodle 井手ちゃんぽん 小戸店

今日は女房とちゃんぽんデート。

写真は、麺大盛、860円。

因みに女房は並盛、700円。

麺大盛は、さすがに胃にドカンとくる感じ。

平日というのに、結構、繁盛しています。

★★★★☆

2015/07/21

麺食い日記 Vol.882 大砲ラーメン 小田部店

Dsc08691

noodle 大砲ラーメン 小田部店

女房と下の息子と3人でラーメンを喰いに行く。

最近のお気に入りの大砲だ。

今日は、昔ラーメン 650円。

それに単品で餃子をつける。

Dsc08692

息子は替え玉。

息子は久しぶりのとんこつラーメンだったらしく旨いといって食っている。

俺は珍しく、替え玉無し。

今日は、今一つ響かない味だったからだ・・・

体調かな?

★★★★☆

2015/07/19

天山登山 2015年 第27登

Dsc08644

天山に行ってきた。

七曲峠の登山口を見つけるのに時間がかかってしまい、

予定より遅く登山開始。10:45

Dsc08645

登り始めると、標識が立っている。

こんなところに立てるくらいなら、登山口を分り易くして欲しい!

最初の階段を登ると、なだらかな道に出る。

Dsc08646

倒木が2か所ほど・・・

Dsc08647

Dsc08648

最初のピーク辺りから振り返ると彦岳が見えている。

Dsc08649

さっきまで晴れていたが、雲が出てきた。

Dsc08650

脊振の山々も見える。

Dsc08652

こんな高原状の道を歩く。

今日は湿度が高く、蒸し暑い!

Dsc08653

佐賀平野も見えてきた。

この時点では雲仙は見えない。

Dsc08654

前方に天山の頂上が見えてきた。

もう少しだ・・・

Dsc08656

頂上に到着。12:10

所要時間1時間25分。

Dsc08657

これが、三角点、文字が消えかかっているが、天山、1046.2mとある。

Dsc08658

阿蘇惟直之墓もある。

Dsc08661

今日の山飯はスパゲッティ、ボンゴレだ。

新しく買ったフライパンで調理開始。

Dsc08663

沸騰したお湯に入れて水分がなくなるまで煮るインスタントパスタ。

調理時間約10分。

麺の感じはイマイチだが、そこそこ美味しく出来た。

Dsc08659 

すぐそばにアメ山が見えている。

Dsc08670

有明海方面、雲仙が見えてきた。

 

Dsc08667

アメ山に行こうと思ったが、雷が鳴り始めたので、記念撮影をして

今日は下山することに。

帰りは植物を鑑賞しながら・・・

Dsc08671

Dsc08672

Dsc08674

Dsc08675

Dsc08677

アザミは綺麗だが、枝にとげがあるので、歩いていて引っかかる。

Dsc08679

 

Dsc08681

Dsc08683

Dsc08684

Dsc08686

Dsc08688

Dsc08689

Dsc08690

蒸し暑いのには閉口したが、楽しい登山になった。

活動時間 3:59

活動距離 7.38km

高低差  510m

累積標高上り 767m

累積標高下り 767m

2015/07/17

麺食い日記 Vol.881 大名ちんちん

001
noodle 大名 ちんちん

久しぶりの訪麺。

写真は一番人気の担担麺、650円。

味は、そんなに辛くもなく、普通な感じ。

麺は少し細めで、柔らかい感じだったのが少し残念。

でも、これが、旨かった。

002
これを見て、思わず白飯発注。

どちらもご飯に絶妙に合う。

これだけでも、いいかもって言うと怒られるかな・・・

★★★★☆

 

2015/07/15

うまいもの見つけたVOL.535 魚のまるた

001
魚のまるた

今日は、後輩の帰福歓迎会。

久しぶりに昔の仲間と繰り出す。

刺身の盛り合わせに続いて、つぶ貝の壺焼き。

002
壺焼きと言えば、さざえが相場だが、つぶ貝も旨い。

思わずお代わりしてしまった。

イカの一夜干し

003
これもなかなか旨い。

005
大将お薦めの塩麹焼き。

これもまた、旨し。

006
あげまきと野菜をいためた奴。

これも旨し!

これ以外にも何品か注文し、

最後は鮨で〆る。

このお店、何を食べてもとにかく旨い。

しかも、どんなに食べても飲んでも5000円以内というから有難い。

若くて元気な大将もいい感じだ。

ちょくちょく覗くことになりそう。

旨い肴に旨い酒、そして、親しい仲間との楽しい会話。

これらさえあれば他には何も要らない。

 

麺食い日記 Vol.880 油そば 七色

003
noodle 油そば 七色

今年、5月に出来たお店。

写真は、油そば、(並)750円。

太麺が、心地良い歯触りとコシ。

炙りチャーシューが、なかなか美味しい。

メニューはこんな感じ。

002
基本的に油そば専門の店のようだ。

ごまと揚げ一味、ラー油を投入して喰う。

辛味を加えるとまた、違う味に変貌。

★★★★☆

001

2015/07/14

うまいもの見つけたVOL.534 和食 笠

001
和食 笠

今日はあっさりブリ茶漬けを。

ワンコインの500円也。

相変わらず、ブリとタレが旨い!

002
おきまりのヅケで1杯。

そして、茶漬けで1杯。

炊き立て、お櫃ごはんを計2杯。

003
御馳走様でした!

 

2015/07/13

麺食い日記 Vol.879 麺や 兼虎

001_2
noodle 麺や 兼虎

先週に続き、また、行ってきました。

注文も前回と同じ、濃厚つけ麺、820円

今回も中盛、ネギ増し、半ライスを注文、ただし、味薄めで指定。

濃厚をうたい文句にしている奴を薄めてどうするんや、という話ですが

前回はつけ汁が濃かったので敢えて。

つけ汁・・・

003_2
極太麺・・・

002_2
相変わらず、ツヤツヤしています。

一気に麺を喰い、雑炊まで一直線。

堪能しました。

でも、1回目ほどの感動が無かったかも。

今後は、登山前日の炭水化物摂取のためのランチにしようと思います。

★★★★☆

 

2015/07/12

叶嶽登山 2015年 第26登

001
このところの梅雨空で山行の機会を逸して、しばらく遠ざかっていたが、

今日、軽く調整の意味で登った。

本当は朝、登りたかったが、町内会の一斉清掃の日で、夕方の登山になった。

ホームコースの叶嶽、いつものワンワンコースだ。

16:00出発。

002
3合目から福岡市内を望む。

台風9号の影響か、山の上は風が強い。

003
飯盛山は静かな佇まいを見せている。

今日は湿気が多く、もわーっとした感じで呼吸もしにくい感じ。

おりからの強風が爽やかに感じられる。

004
能古島を望む。

波はたっておらず静かな感じだ。

005
7合目あたりの梯子。

設置してくれた人に感謝。

006
頂上到着。

この天候と時間のせいか、頂上は無人。

正面登山道を下山。

行きかえりも誰とも遭遇せず。

007
下山途中。

008
屏風岩を通過し無事下山。

汗びっしょり。

パンツまでグショグショ。

活動時間 1:16

活動距離 4.01km

高低差  288m

累積標高上り 445m

累積標高下り 437m

 

2015/07/10

うまいもの見つけたVOL.533 大漁市場 なるみ乃

Dsc08609

大漁市場 なるみ乃

今宵は、先輩の定年退職を祝う会。

久しぶりの仲間が集まって、ワイワイガヤガヤで送り出そうという会だ。

Dsc08610

昔話に花が咲き、親しい仲間だからこそ言える、愚痴話も飛び出し・・・

Dsc08611

大いに盛り上がった一夜となった。

先輩、お疲れ様でした!

また、会いましょう!

Dsc08614

Dsc08607

麺食い日記 Vol.878 松島

001
noodle 松島

いつもの他人うどん、650円

今日は、夏日で暑いのに、店内は満席。

暑い時の熱いうどん、これもまた良し!

★★★★★