楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 叶嶽 2015年 第24登 | メイン | うまいもの見つけたVOL.526 いかの里 »

2015/06/21

九千部山、石谷山 往復縦走 2015年 第25登

001_2
今日は女房と登山。

車でグリーンピア那珂川まで移動し、キャンプ場脇のゲートの横から

10時過ぎに、登山開始。

登山路は桜谷遊歩道を選択。

002_2 
一歩踏み入るとそこは森の中。

谷川のそばの登山道は、昨日までの雨のせいか、水が流れている。

005_2
最初の渡渉箇所。

006_2 
少し、へっぴり腰?で渡る女房殿。

007
森の中はやや湿度が高いが、ひんやりして気持ちが良い。

008
途中で見つけた奇妙なキノコ。

010
森の中は、すごく瑞々しい感じだ。

012
登山道の周りの緑が鮮やかだ。

013 
ふと、上を見上げてみる。

こういう感じもいい。

014
尾根にとりつくと、こんな感じの道が続く。

実に爽やかで、ここまで登ってきた疲れも忘れ、足取りも軽やかだ。

015
こんな階段も一気に登れてしまう。

018
また、きのこ発見。

味噌汁に入れるとうまそうだ・・・

020
九千部山、山頂に到着。

頂上には、何組かの登山客が昼食中。

我々も、山頂の展望所で、おにぎりとカップラーメンで腹ごしらえ。

展望所は風が強く、少し寒いくらいだった。

ここで、小郡の自宅から4時間かけて歩いて登ってきたという

82歳のおじいさんと会う。

彼は何とこの九千部山に16年間で410回登っているという。

年間約25回、2週間に1回のペースだ!

このおじいさんに、ここから、石谷山に行きたいと告げると、

道が分かりにくいから、途中まで案内してくれるとのことなので

素直に従うことにした。

急いで記念写真を撮り出発だ。

023 
結局、分かりにくいという分岐までついてきてもらいそこで丁重に礼を言い

分かれて、そこから先はまた女房と2人道中だ。

九千部山と石谷山を結ぶ道は、九州自然歩道になっており、

アップダウンも少なく、非常に歩きやすく、かつ爽快だ。

40分ほど警戒に歩くとこんな峠に出る。

028 
ここから300m位で石谷山だ。

ほどなく到着。

030 
ここで少し休憩。

雨が少し降ってきたので、早めに引き返す。

雨が降ってきても、森の中なので、ほとんど濡れることはない。

木の葉っぱが傘代わりになってくれるのだ。

上の方で、雨音が葉っぱに当たる音がするだけだ。

ここで記念撮影。

いつも同じポーズなので少し変えてみた。

033 
今来た道を引き返す・・・

快調なペースで戻ってきて、次のような標識に出くわす・・・

036 
ここは、九千部山から石谷山に向かって少しの場所だ。

グリーンピア那珂川から桜谷遊歩道を、約3kmほど登ってきたのに

帰りは1.2km?

登ってきた道を引き返しても良かったのだが、ショートカットで帰れるのなら

そっちでも良いかと思い、こちらのうるしが谷ルートで降りることにした。

残り、1.2kmならすぐに到着するはずだ。

ところが、これが大間違い。

この標識が出鱈目だったのだannoy

行けども行けどもグリーンピア那珂川の気配すらない。

しかも、変な道でつまらないこと夥しい。

おかしいなと思いつつ、下山を続ける。

037 
途中、スキップ広場まで300mという看板があったので、

もう少しかと思いきや、ここからも延々と到着しない。

少しくたびれていた女房も機嫌が悪い・・・

気を紛らすために花を見ながら歩く・・・

035

038

039 
やっとグリーンピア近くまで来たらイノシシゲートがあったりして・・・

040 
無事、出発点に到着。

あとで、GPSの軌跡を調べてみたら、あと1.2kmの看板から

グリーンピアまで3km以上あった。

山の中での距離表示は非常に重要で、極端な場合、遭難にもつながりかねないので

いい加減な表示はやめて欲しい。

グリーンピア那珂川には猛省をしてもらい、すぐに変更してもらいたい。

今後、九千部山に登る人には、桜谷遊歩道をお薦めする。

間違っても、うるしが谷コースは使わない方が良い。

活動時間 5:25

活動距離 11.73km

高低差  566m 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397078/33446025

九千部山、石谷山 往復縦走 2015年 第25登 を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿