楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 2015年5月 | メイン | 2015年7月 »

2015年6月

2015/06/30

うまいもの見つけたVOL.529 高裁食堂

001_2
高裁食堂

今日は、カレーライス。450円

辛さアップのために七味をふって・・・

福神漬けが苦手なので紅ショウガを・・・

安上がりのランチ終了!

2015/06/29

うまいもの見つけたVOL.528 磯ぎよし

002 
磯ぎよし

部の飲み会で訪問。

コースで発注したが、どの料理も美味で好評だった。

いやあ、結構呑みすぎました・・・

001

麺食い日記 Vol.876 華風福寿飯店

001
noodle 華風福寿飯店

またまた食べに来ました酸辣湯麺。800円

少し辛めにしてもらいました。

以前より、スープのとろみが、少し緩くなったようで、

麺が食べやすくなった。

いつ来ても、旨い。

★★★★★

2015/06/26

麺食い日記 Vol.875 松島

Img_20150626_123832
noodle 松島

写真は他人うどん、大盛。750円

旨い!の一言。

肉の味、食感、ふんわりの卵が、スメと絶妙なハーモニーを奏でる。

喉越しの良い麺は、安定感があり、まさに珠玉の一杯。

★★★★★

2015/06/25

うまいもの見つけたVOL.527 第三共進丸

001
第三共進丸

安酒友の会の例会。

他の肴は安いやつを注文し、1点だけ奮発したイカの活き作り。

旨し!

麺食い日記 Vol.874 華扇

001
noodle 華扇

写真はWセット、700円。

半担担麺、半チャーハン、サラダのセット。

担担麺は辛さ控えめなので、ラー油を投入し辛さアップ。

002
ネギのチャリチャリ感が残っていて旨い。

チャーハンは少し塩分控えめだ。

003
胡椒をふって食う。

ご飯はパラパラ感があって旨い。

★★★★☆

 

2015/06/23

麺食い日記 Vol.873 黒田屋

001
noodle 黒田屋

写真は、皿うどん、大盛 730円

いやあ、失敗だったdown

麺はヤワヤワでブツブツ切れるし、

油が多すぎてギトギト。

味自体は悪くないので惜しいのだが・・・

★★☆☆☆

2015/06/22

麺食い日記 Vol.872 Osteria Buono オステリア ヴォーノ

002_3
restaurantOsteria Buono  オステリア ヴォーノ

写真は本日のランチ、山菜と地鶏の炭火焼きペペロンチーノ、730円+大盛り100円

サラダと・・・

001_3
パンと・・・

004_2
食後にドリンク付き。

まあまあの美味しさ。

★★★★☆

結構繁盛していて、店内は満員でした。

005_3

 

2015/06/21

うまいもの見つけたVOL.526 いかの里

041
いかの里

女房と登山した日の晩飯は、さすがに気を使う。

山に登って疲れた状態で飯を作ってくれとは、さすがに言いにくいからだ。

ということで、近所の居酒屋へ女房と娘と繰り出す。

今日は予約で品切れだというイカが1匹残っていたので、さばいてもらう。

ゲソは、てんぷらだ。

043
これは、かんぱち・・・

042
サザエの刺身・・・

044
パリパリサラダ・・・

045
この後は写真を撮っていないが、女性陣の食欲の旺盛なこと!

女性が長生きする理由がわかったような気がする。

 

九千部山、石谷山 往復縦走 2015年 第25登

001_2
今日は女房と登山。

車でグリーンピア那珂川まで移動し、キャンプ場脇のゲートの横から

10時過ぎに、登山開始。

登山路は桜谷遊歩道を選択。

002_2 
一歩踏み入るとそこは森の中。

谷川のそばの登山道は、昨日までの雨のせいか、水が流れている。

005_2
最初の渡渉箇所。

006_2 
少し、へっぴり腰?で渡る女房殿。

007
森の中はやや湿度が高いが、ひんやりして気持ちが良い。

008
途中で見つけた奇妙なキノコ。

010
森の中は、すごく瑞々しい感じだ。

012
登山道の周りの緑が鮮やかだ。

013 
ふと、上を見上げてみる。

こういう感じもいい。

014
尾根にとりつくと、こんな感じの道が続く。

実に爽やかで、ここまで登ってきた疲れも忘れ、足取りも軽やかだ。

015
こんな階段も一気に登れてしまう。

018
また、きのこ発見。

味噌汁に入れるとうまそうだ・・・

020
九千部山、山頂に到着。

頂上には、何組かの登山客が昼食中。

我々も、山頂の展望所で、おにぎりとカップラーメンで腹ごしらえ。

展望所は風が強く、少し寒いくらいだった。

ここで、小郡の自宅から4時間かけて歩いて登ってきたという

82歳のおじいさんと会う。

彼は何とこの九千部山に16年間で410回登っているという。

年間約25回、2週間に1回のペースだ!

このおじいさんに、ここから、石谷山に行きたいと告げると、

道が分かりにくいから、途中まで案内してくれるとのことなので

素直に従うことにした。

急いで記念写真を撮り出発だ。

023 
結局、分かりにくいという分岐までついてきてもらいそこで丁重に礼を言い

分かれて、そこから先はまた女房と2人道中だ。

九千部山と石谷山を結ぶ道は、九州自然歩道になっており、

アップダウンも少なく、非常に歩きやすく、かつ爽快だ。

40分ほど警戒に歩くとこんな峠に出る。

028 
ここから300m位で石谷山だ。

ほどなく到着。

030 
ここで少し休憩。

雨が少し降ってきたので、早めに引き返す。

雨が降ってきても、森の中なので、ほとんど濡れることはない。

木の葉っぱが傘代わりになってくれるのだ。

上の方で、雨音が葉っぱに当たる音がするだけだ。

ここで記念撮影。

いつも同じポーズなので少し変えてみた。

033 
今来た道を引き返す・・・

快調なペースで戻ってきて、次のような標識に出くわす・・・

036 
ここは、九千部山から石谷山に向かって少しの場所だ。

グリーンピア那珂川から桜谷遊歩道を、約3kmほど登ってきたのに

帰りは1.2km?

登ってきた道を引き返しても良かったのだが、ショートカットで帰れるのなら

そっちでも良いかと思い、こちらのうるしが谷ルートで降りることにした。

残り、1.2kmならすぐに到着するはずだ。

ところが、これが大間違い。

この標識が出鱈目だったのだannoy

行けども行けどもグリーンピア那珂川の気配すらない。

しかも、変な道でつまらないこと夥しい。

おかしいなと思いつつ、下山を続ける。

037 
途中、スキップ広場まで300mという看板があったので、

もう少しかと思いきや、ここからも延々と到着しない。

少しくたびれていた女房も機嫌が悪い・・・

気を紛らすために花を見ながら歩く・・・

035

038

039 
やっとグリーンピア近くまで来たらイノシシゲートがあったりして・・・

040 
無事、出発点に到着。

あとで、GPSの軌跡を調べてみたら、あと1.2kmの看板から

グリーンピアまで3km以上あった。

山の中での距離表示は非常に重要で、極端な場合、遭難にもつながりかねないので

いい加減な表示はやめて欲しい。

グリーンピア那珂川には猛省をしてもらい、すぐに変更してもらいたい。

今後、九千部山に登る人には、桜谷遊歩道をお薦めする。

間違っても、うるしが谷コースは使わない方が良い。

活動時間 5:25

活動距離 11.73km

高低差  566m 

 

2015/06/20

叶嶽 2015年 第24登

001
今日は、朝から小雨がパラついていて山はダメかなという状況の中、

女房の買い物などに付き合っていたら、午後から晴れてきた。

では、ということで、近場のホームコースで足慣らし。

左足の踝あたりに違和感があったが、叶嶽登山を敢行。

今日のテーマはタイムトライアル。

登り始めから下山までの時間勝負だ。

夕方、16:00から登山開始。

002
3合目からの市内の景色。

003 
同じく、3合目から叶嶽を見上げてみる。

ペースは順調だ。

004
5合目からの景色。

左の油山は雲がかかっている。

右に見えるは飯盛山。

005
登山開始から24分。

叶嶽340m頂上に登頂。

休憩なしで、即、下山。

006
朝までの雨でスリッピーな登山道を慎重に降りる。

この辺りは、ひんやりして気持ちが良い。

下山の所要時間、19分で登山口まで戻ってきた。

活動時間 0:44

活動距離 1.77km

高低差   255m

往復 44分は自己ベスト?

後は、風呂に入って、一杯呑むのが愉しみ。

 

2015/06/18

うまいもの見つけたVOL.525 にくやん

001
にくやん

今日は安酒友の会の定例呑み。

1杯98円のハイボールを目当てに、にくやんという焼肉屋へ。

002
ホルモン皿

003
ズリとセセリ

004
鶏モモの一本焼き。

今日は新会員を迎えた呑み。

議題は"日本サッカー界に影響を与えた外国人”

大いに盛り上がる呑みとなった。

麺食い日記 Vol.871 高裁食堂

001
noodle 高裁食堂

今日は、生憎の雨。

近場でランチ。

写真はラーメン定食。610円

ラーメンはとんこつか醤油の二者択一で醤油を選択。

スープは業務用の香りプンプン。

麺もどうってことはないが無難にまとまっている。

サラダ、チャーハン付きでこの値段。

文句は言えまい。

★★★★☆

 

2015/06/17

うまいもの見つけたVOL.524 笠

001

またまた訪問。

注文は、ぶり茶漬け、500円。

極めてシンプルな飯なのだが、なぜだか喰いたくなる。

全体像はこんな感じ。

002
お櫃に入って出てくる炊き立てふっくらご飯とブリがあれば、何も要らない。

いつも通り、ご飯1杯目はブリのヅケで喰う・・・旨い

2杯目、カツオ出汁の茶漬けで喰う・・・旨い

3杯目、ヅケのたれ、ワサビを総動員して、また、茶漬けで喰う・・・旨い

004
なんとも日本人的な食事で言うことなし・・・

あ、ひとつあった。

漬物を茶漬けに合う、大根葉か青高菜にしてくれたら最高なんだけどなぁ・・・

2015/06/16

麺食い日記 Vol.870 松島

003
noodle 松島

飲みすぎた次の日は、やっぱりうどんに限る。

エビ天大盛、650円。

ここのうどんは喉越しが最高。

喰ったあと幸せな気分にさせてくれる。

★★★★★

2015/06/15

うまいもの見つけたVOL.523 海山邸

002
海山邸

送別会で利用。

コース料理と飲み放題。

いやあ、飲みすぎました・・・

 

 

2015/06/14

麺食い日記 Vol.869 舩津商店 

Dsc08492

noodle 舩津商店

久しぶりに小戸にある舩津商店に行ってみた。

写真は、ラーメン大盛、500円。

相変わらず安い。

それは良いのだが、味は昔のほうが良かったような・・・

昔のスープのほうが、骨の髄から絞り出した感があった。

Dsc08493

女房と息子が注文した餃子。

俺の口には、入らなかったので味はわからず。

福岡に戻ってきてから行くラーメン屋にはほとんど裏切られている昨今。

変わったのは俺の口のほうだろうか・・・

★★★★☆

2015/06/13

九州オルレ 唐津コース あじさいウォーク

Dsc08428

九州オルレ 5コース目

女房とあじさいウォークに参加してきた。

朝、7時過ぎに自宅を出発し、8時30分頃、ゴール地点の

波戸岬の国民宿舎近くの第一駐車場到着。

8:59分の昭和バスでスタート地点の桃山天下一へ向かう。

Dsc08429

今回のイベントの参加費は1500円。

3000円を支払い、受付を済ます。

今回の参加者は40名弱のようだ。

スタート前の体操。

Dsc08430

集合の記念写真を撮り

O0800045013336204003

9時30分、前田利家の陣跡の森からスタート。

Dsc08431

Dsc08432

ガイドの方から説明を受ける。

Dsc08433

旗竿を立てるための旗竿石が残っている。

Dsc08434

茶人として知られる古田織部の陣跡。

説明するのは地元役場のサカイさん。

Dsc08435

田んぼの向こうにアジサイが咲いている。

Dsc08437

杉林からみた門の跡。

Dsc08438

10:30 堀秀治陣跡到着。

Dsc08439

名護屋城の能舞台跡。

秀吉の朝鮮出兵時に能を愉しむ余裕があったとは・・・

Dsc08440

最初のエイド、いちごが振る舞われた。

一人、6個までだ。

Dsc08444

串道という切り通しの道を通る。

Dsc08446

昔の陣跡も今は、畑になっている。

新じゃがの収穫が行われていた。

Dsc08448

名護屋城の石垣が見えてきた。

Dsc08449

新緑が綺麗だ。

Dsc08450

名護屋城址の碑の前の広場で休憩。

Dsc08451

名護屋城の説明を受けて・・・

Dsc08452

坂を登り天守台へ向かう。

Dsc08453

築城時に各大名に分業で石垣を築かせたため、場所によって造り方が異なるという。

Dsc08454

なるほど・・・

Dsc08455

丘に出る。呼子大橋が見えるが、視界はいまひとつ。

Dsc08456

この丘から見ると当時の布陣の様子が窺い知れる。

Dsc08458

天守台到着。

Dsc08459

三等三角点発見。

Dsc08460

眺望は見ての通り・・・天気が良ければなあ・・・

Dsc08461

馬場を通る。

Dsc08462

両サイドから降りてくることができるという珍しい石垣とのこと。

Dsc08463

12時過ぎ。唐津焼の窯元を訪問。これで"ひなた窯”と読む。

2階のギャラリー見学。

記念に女房とペアでイカの形の箸置き購入。

Dsc08464

これは、窯だ。

Dsc08465

風力発電機が見えてきた。

ここが、昼食場所の少年自然の家だ。

Dsc08467

配られたのはあじ屋のウニご飯の弁当。

なかなか美味しゅうございました。

食後はレクリェーションのフリスビー投げ。

Dsc08469

それとフォークダンスを少々・・・

フォークダンスは要らないかな? アンケートに書いておこう・・・

さて、腹拵えも済んだので再度ゴールを目指す。

Dsc08471

途中、コスモスのタネが配られる。

O0800045013336225431

皆で上杉景勝陣跡で一斉にタネ蒔き。

秋に花が咲くといいね。

Dsc08473

海辺に出てきた。

玄海原子力発電所が見えるが、今は稼働してないはず・・・

Dsc08474

見事な柱状節理だ。

Dsc08475

岩場は黒い石。

Dsc08479

ここで、ジェラートのエイド。

俺はブルーベリー、女房はそれに+60円でチョコもつけていた・・・

そして、15時、ゴール到着。

済州島のトルハルバン(石のおじさん)の像が迎えてくれた。

O0800045013336225556

ここで、アンケートを記入し解散。

Dsc08485

さっそく、サザエのつぼ焼き屋台へ・・・

Dsc08486

一人2個の試食。

Dsc08487

甘めの醤油味。

俺はぺろっと2個+女房が食べられないはらわたを平らげ終了。

酒が飲めればなあとつくづく思う。

そして、旅の疲れを落とすべく、風呂へ

Dsc08489

場所は波戸岬の国民宿舎だ。

Dsc08490

お疲れ様でした!

活動時間 5時間26分

活動距離 12.34km

高低差  104m

今日は天気はイマイチでしたが、スタッフの皆さんの趣向を凝らした企画・イベントで

女房と2人、1日楽しむことができました。

ありがとうございました! また、参加します! 

6teireiolle.pdfをダウンロード

2015/06/12

うまいもの見つけたVOL.522 黒毛和牛 ニクゼン

004
taurus 黒毛和牛 ニクゼン

同僚の評判を聞いて、訪問。

写真は、ステーキ丼、ダブル。800円

ごはん300g,肉160g

これに、インスタントっぽいワカメスープがついてくる。

002
ステーキ丼は、なかなか旨い!

適度な噛み応えで、ステーキソースとご飯のマッチングも良い。

スープはいまいちかな。

隣でいかにも肉好きそうなおじさんが、特盛を喰っていた。

メニューによると・・・

001 
ごはん700g,肉300gの計1kg.

かなりのボリュームだ。

だが、ダブルを喰った感じでは特盛もいけそうな気がする。

次回は必ず特盛を制覇しようと心に誓うのであった。

店の入り口はこんな感じ・・・

006

 

2015/06/10

麺食い日記 Vol.868 照月庵

001
noodle 照月庵

今日の注文も鴨せいろ大盛。1050円

いつ喰っても旨いね。

★★★★★