楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

2015年5月

2015/05/12

うまいもの見つけたVOL.514 高裁食堂

001
高裁食堂

台風の余波もあり近場の裁判所でランチ。

今日は美味いと評判のチャーハン、450円

コンソメスープ付。

注文してから若いコックさんがフライパンを振って作ってくれる。

作り置きしといてジャーから出す店がある中、

ちゃんとしてるね。

味の方も確かに美味いし、コメのパラパラ感が良い。

価格的にもGOOD!

2015/05/11

麺食い日記 Vol.855 黒田屋

001
noodle 黒田屋

久しぶりの訪麺

写真は、ちゃんぽん、530円。

若干、塩分がきついかとも思うが懐かしい味。

★★★★☆

2015/05/10

うまいもの見つけたVOL.514 パーティー・ポッツの百味ビーンズ

002
USJ土産のハリーポッターの百味ビーンズ。

003
色んな種類の味があって面白い。

土味、みみず味、石鹸味、ゲロ味、鼻くそ味・・・

これらは元々どんな味がするのかは知らないが

どれもそこそこに喰える。

聞けばこのビーンズ、結構高いらしいから笑える。 

網戸の張り替え

Dsc02109

今日は網戸の張り替えを行う。

プロ並みの出来栄えと自画自賛。

退職後はこれをやろうかな・・・なんて。

2015/05/09

アジアラグビーチャンピオンシップ2015観戦

Dsc02080

今日はレベスタでラグビー観戦。

第一試合は女子日本代表VS女子カザフスタン代表

女子の試合を見るのは初めてだった。

小柄な日本代表に比べカザフスタンは大柄な選手が多かった。

Dsc02081

バックスタンドの最前列で見たので迫力あり。

Dsc02082

Dsc02083

ラインアウトのリフティングも男勝り。

Dsc02085

地元福岡選出の選手も活躍。

まだ、勝ったことのないカザフスタンに勝利し喜ぶ選手たち。

第二試合は日本代表VS韓国代表

大学の後輩にあたるFB五郎丸と現役大学生、東福岡出身のWTB藤田に注目。

Dsc02087

アップする藤田。

Dsc02088

プレースキックの感触を確かめる五郎丸。

Dsc02089

試合時間も迫りアップにも力が入ってきた。

Dsc02094

日韓両選手たちの入場。

Dsc02097

肩を組んで君が代斉唱。

Dsc02098

14:03 キックオフ。

Dsc02100

目の前で組まれたスクラム迫力がある。

Dsc02101

深い角度からゴールを決める五郎丸。

Dsc02102

ラインアウトも高い!

Dsc02103

10トライの猛攻で韓国代表を蹂躙。

Dsc02104

勝利後ファンに挨拶。

Dsc02107

随所で良いプレーを見せながらもノートライに終わった藤田。

藤田のトライが見られなかったのは残念。

その分、福岡高校→筑波大学のWTB福岡が3トライの活躍。

スピードと切り込んでいく切れ味が印象的だった。

試合後のファンサービス。

Dsc02108

男女の日本代表の試合が見られるのにスタジアムは一杯にならずdown

22,500人収容のスタンドで4,583人の観衆down

これがサッカーだったら大変なことになるだろうに・・・

2019年のW杯開催に向けてファン獲得のためには、

このようなサービスは大事だよね。

2019年に間に合うかな?

ともあれ、久しぶりの桜の花のジャージの観戦。

GWのおまけ的な感じで楽しかった。

2015/05/08

うまいもの見つけたVOL.513 ボン田中

001
restaurant ボン田中

今月一杯で閉店する店。

写真は八年カレー+コールスロー 700円

確かに美味いことは美味いが・・・

もう少しパンチが効いていればなあ・・・

2015/05/06

我が家のミヤマキリシマが咲きました!

037
3年前、別府の鶴見岳登山時に購入したミヤマキリシマ。

我が家の庭に移植していたのだが、今日、一気に開花。

毎年この時期の楽しみ。

 

金山 2015年 第19登

003
今日はGW最終日。

4/29日の山開きに参加すべく登った金山に女房と山行。

ゴールデンだけに金で始めて、金で締めようという趣向だ。

花乱の滝コースを再度辿る。

このルート、川沿いを登るルートで、いたるところに滝があり

実に気持ちが良い。

最初に登った時に、是非、女房に体験させてやりたいと思ったのである。

10:10登山開始

004 
005 
006 
008 
009 
010 
011
11:21直登ルートとの分岐に出る。

015
そのままアゴ坂峠をめざす。

途中で見つけたギンリョウソウ。

016
11:45 アゴ坂峠に出る。

途中、1か所道を間違えたので若干の時間ロス。

019
ここから少し急な坂を上ると平坦なところに出る。

ここが実に庭園風で、最高に気持ちが良い。

020
この平坦なところを抜けさらにダラダラと登る。

最後のあがきだ。

12:25 鍋島藩の番所跡に到着。

022
ここから頂上は尾根伝いに歩いてすぐだ。

12:28 頂上到着!

023
頂上付近には若夫婦と中年夫婦の2組。

山開きの時は大勢の人だったのに比べて寂しい。

女房と2人でおにぎりで腹ごしらえ。

明太子と青高菜のおにぎりが旨い!

頂上は、風が吹いてきて寒くなってきたので、パーカーを着こむ。

一応、記念撮影。

024
13:14 下山開始

坊主が滝ルートとの分岐を左にとり、カモシカ新道を使う。

急な下り斜面。

女房は大丈夫だろうか。

026
全然、大丈夫だった・・・

028
往路と合流し花乱の滝登山口をのんびり歩く。

031
この滝、かまぼこ状の岩の両脇を流れているので、

勝手にかまぼこの滝と命名。

最後の写真も滝。

033

 15:04 無事下山終了。

活動時間 4:55

活動距離 7.73km

高低差 推定 667m

 

2015/05/05

羽金山・河童山 2015年 第18登

Dsc02004

今日は予定通り、羽金山を攻める。

バイクで白糸の滝駐車場に乗り付け、9:21 登山開始。

約20分程度で、写真のデッカ橋に到着。

橋を渡ったところにすぐ分岐があった。

Dsc02005

ここからそれまでの舗装道と異なり、本格的な山道に入る。

途中、樹林帯をダラダラと登っていくと尾根の分岐に到着。10:02

Dsc02006

これを左にとり、羽金山をめざす。

Dsc02007

木の間から、先日登った浮嶽、女岳が見え隠れする。

Dsc02008

10:23 河童山への分岐に出る。

河童山はここから1分と書いてある。

Dsc02009

頂上。本当に1分で着いた。

本来は景色が良いところのようだが、草が鬱蒼としていて踏み込めない。

Dsc02010

目指す羽金山。標準電波送信所のアンテナが目印だ。

日本に2か所しかないこの標準送信所。

東は東京までカバーしているらしい。

いわば日本の時間の基準点だ。

河童山から羽金山に向かう・・・

Dsc02011

絵にかいたような森の小道だ・・・

生えている木はアブラチャンという木だそうだ。

Dsc02012

 金網の横を通過する。

Dsc02013

10:44 はがね山標準電波送信所に到着。

インターホンで、頂上に行くため中に入れてほしいと頼む。

快く受け入れてくれ、中に入り少し歩く。

Dsc02014

10:49 羽金山山頂到着!

送信所の所員の人が、名前と住所と電話番号を確認に来る。

名簿に記入したついでに写真撮影を依頼。

Dsc02016

Dsc02017

ここは飲食、喫煙NGのため周囲の景色を撮影して下山することにした。

Dsc02018

雷山方面。

Dsc02019

脊振の山々が見渡せる。

Dsc02020

佐賀方面。

Dsc02021

天山方面。

Dsc02022

電波塔。

Dsc02023

浮嶽、女岳方面。

11:00下山開始。

Dsc02025

途中で見えた糸島方面。

下りは舗装道路を降りる。

Dsc02026 

藤の花

Dsc02027

白い花、名前がわからず・・・

Dsc02028

これも名前がわからず・・・

Dsc02030

ゼンマイ?

11:51 無事、白糸の滝駐車場に下山。

ここで昼食をとり、白糸の滝を見学して帰宅。

Dsc02032

今回の登山、山としては難易度も低く、面白みに欠けたが

脊振山系全山登頂を目指す俺にとって、

一度は登っておかなければならない山なのだ。

活動時間 2:30

活動距離 9.66km

高低差 439m

2015/05/04

有田陶器市

Dsc02001

今日は女房と娘と3人で有田の陶器市に行ってきた。

いやあ、凄い人出!

俺は、深川製磁で気に入った皿を購入。

Dsc02038

それと、有田焼の醤油スプレーも衝動買い。

Dsc02039

それにしても、くたびれた・・・

まったく話はそれるが日本人最初のロータリアンは有田の人だったようだ。

Dsc02000

俺は大分のロータリークラブには、あまり出席できなかったけどね・・・

2015/05/01

井原山 ツツジ鑑賞 2015年 第17登

Dsc01963

今日は、女房と井原山にツツジを見に行った。

10時ごろ水無登山口を出発。

Dsc01964

小川を渡りながら歩く。

ひんやりして気持ちが良い。

Dsc01965

滝なんぞもある。

Dsc01966

ふくろうに似ていて、こうぞう岩というところに出る。

あまり似ている思えないが・・・

Dsc01967

分岐に出る。

左は水無谷コースで井原山への近道。

ただ、長い急登があるので、あえて、右にとり、水無尾根ルートを選択。

Dsc01968

展望所?に出る。

なだらかな登山道を進む。

尾根歩きは気持ちが良い。

Dsc01969

緑も綺麗だ。

Dsc01971

頂上付近になるとコバノミツバツツジが姿を現す。

Dsc01975

頂上に到着。

一面にツツジが咲き誇っている。

Dsc01976

今日はアルゼンチンのユニで登山だ。

頂上で女房とタケノコご飯のおにぎりと俺はカレーヌードルで腹ごしらえ。

1時間ぐらいのんびり過ごす。

初夏の日差しで日影もなく暑いくらいだ。

Dsc01984

下山開始。

ツツジのトンネルを通る・・・

Dsc01985

Dsc01986

立派なツツジだ。

Dsc01992

帰りは水無谷のルート。

長い急坂を慎重に降りる。

気が抜けない坂だ。

女房も頑張って降りてきている。

やっと谷に降りてきた。

ここで、顔を洗い休憩。

Dsc01994

なだらかな道を花を見ながら歩く。

実に爽やかだ。

Dsc01995

無事、水無登山口到着。

活動時間 4:11

活動距離 6.13km

高低差  483m