楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

2015年5月

2015/05/31

蛤岳~脊振山 2015年 第22登

Dsc02162 

今日も単独登山。

愛車の金ちゃんで脊振山の駐車場に。

10:00駐車場スタート。

一路、蛤岳を目指す。

片道、4.3km,2時間コースとあるが・・・

Dsc02163

途中、たにし仏というのが祭られている祠通過。

たにし仏の謂われは、こんな感じ。

Dsc02164

途中、こんなところや・・・

Dsc02166

こんなところを通る・・・

Dsc02167 

Dsc02168

スタートから50分でこんな標識が・・・

50分で、まだ、1.7km?

Dsc02169

白い花が咲いている。名前はわからない・・・

Dsc02170

清流沿いに歩く・・・

Dsc02171

スタートから70分。

こんな分岐に出る。

あと1kmの表示。

Dsc02172

途中、マテ貝岩という面白い割れ方をした岩が登場。

Dsc02173

また、白い花が・・・

Dsc02196 
青い花も咲いていた・・・

Dsc02175

蛤岳の三角点発見、スタートから85分だ。

Dsc02176

すぐに頂上の広場に出る。

Dsc02177

蛤岩と呼ばれる巨岩が・・・

Dsc02178

角度を変えて・・・見事に真っ二つに割れている。

これが蛤なんだなと納得。

Dsc02194

記念撮影。

先日購入したグローブは使い心地がよい。

同じく先日購入した自撮り棒で撮影。

20分ほど休憩して引き返す。

11:45スタート。

Dsc02195

また清流を通る。

Dsc02198

木製の橋を渡る。

昨日の雨で丸太が濡れていて結構滑る。

Dsc02199

行きとまったく同じ所要時間85分で駐車場で待つ金ちゃんのところへ。

ここで少し休憩して、脊振山の頂上に行ってみることに。

Dsc02200

ガスで視界が悪いが、風が強いので、少し待てば晴れるかなと思ったが、

いっこうに晴れる気配がないので記念撮影をして下山。

Dsc02202

今日の蛤山登頂で、脊振山系制覇まで残すところあと4座だ。

あと一頑張り。

2015/05/29

麺食い日記 Vol.864 ブランチカフェ

001
restaurant ブランチカフェ

読売新聞西部本社ビル1F

初めて入った店。

写真はナポリタン、440円

珍しく、平打ち麺で出てきた。

味は、そこそこだが量が少し少ない。

大盛を注文したが、今日は対応できないとのこと。

次はカレーかな。

★★★★☆

2015/05/28

麺食い日記 Vol.863 華風福壽飯店

001
noodle 華風福壽飯店

お気に入りの酸辣湯麺、800円

安定した美味しさ。

言うことなし!

★★★★★

2015/05/27

麺食い日記 Vol.862 一心不乱

001 
noodle 一心不乱

久しぶりに訪麺。

写真は、黒コクとんこつ、650円。

いやはや、ガッカリしたdown

以前から好きなラーメンで、結構、通っていたのに・・・

一言でいうと、なってない!

いつも、バリカタの超こってりで注文していたので

今回も同様に発注。

出てきたのが、写真。

あれっ?チャーシューは?

おそるおそる海苔をめくってみると、一応、2枚入っていた。

そもそも、ラーメンの華というか名脇役のチャーシューが

見えない状態で客に供すること自体、ありえない失態。

また、麺がイケない。

バリカタの筈がヤワで出てきた。

それだけでなく、麺そのものの味が落ちている気がする。

スープも昔のようなパンチがなく、しかも、あろうことが、ぬるいannoy

店内を見回すと昼飯時というのに客が少ない。

以前は順番待ちしていたのがウソのようだ。

店員同士の私語も多く緊張感のかけらもない。

店名でもある一心不乱に作る姿勢が感じられない。

直感的に、この店は近いうちに・・・・・と思った。

たぶん、2度と行かないと思う。

昔、好きだっただけに残念だ。

一から出直せsign01一心不乱sign03

★★☆☆☆

 

グローブ購入

Ma106156c4img600x4011403487900en19m
登山用のグローブ購入。

MAMMUTのトロバットグローブ 。

登山用品店で目に留まり、即、購入。価格は5000円(税別)

こういうのが欲しかったんだ!

掌部分はレザー貼りになっていて、結構、しっかりしたつくり。

これなら、ロープ、鎖も平気だし、ストックで擦れて豆ができることもない。

指が抜けているから、デジカメ、スマホの操作も容易。

デザイン的にも好みだし、まさにイメージ通りsign03

 

2015/05/26

うまいもの見つけたVOL.520 笠

Kimg0004

先日、ブリ茶漬けを喰って、大いに気に入った店を再訪。

本日は、ブリ大根定食、500円!

全体像はこんな感じ。

Kimg0003
櫃に入って出てくるご飯がうれしい。

何といってもブリ大根の味が良い。

シンプルだけどGOOD!

和食っていいね。

 

2015/05/25

麺食い日記 Vol.861 估々

002_2 
noodle  估々(koko)

写真は、喫茶店のナポリタン、多め 750円。

昔ながらのギッチョリしたナポリタンが喰いたくて入店。

半熟卵を潰し、粉チーズとタバスコをビャンビャンかけて喰う。

なかなか旨し。

昔、赤いウインナー入りのをよく食ったのが懐かしい。

全体像はこんな感じ。

003
★★★★☆

 

 

2015/05/24

うまいもの見つけたVOL.519 ウエスト

002
ウエスト

今日は娘の誕生日の前祝に家族で焼肉屋に繰り出す。

皆、腹いっぱい喰って満足したようです。

叶嶽~高地山~高祖山 往復縦走 2015年 第21登

Dsc02145

今日もお一人様登山。

少し遠出をしたかったが、車もバイクも使えなくて足がないので

ホームコースでトレーニング。

Dsc02147

天気が良くて叶嶽もいつもより綺麗に見える。

Dsc02149

高祖山到着。

頂上には、糸島のJCが子供たち50人くらい連れて登ってきたので

賑やかなこと賑やかなこと・・・

子供たちは、手に手にカップラーメンを持ち、JCの人たちが沸かしたお湯を

注いでもらっていた。

昔は、山登りにはおにぎりと相場が決まっていたが世の中変わったものだ。

などと思いつつ、俺も早速、ランチに・・・

実は、俺も昼飯はカップヌードルと食後のカフェオレだけ・・・。

Dsc02148

今日の目的は、あくまでトレーニングなので、まあいいか。

ツツジの花も咲いていた。

Dsc02151

2015/05/22

うまいもの見つけたVOL.518 大名仁和加

002
大名仁和加

今日も焼きサバ定食、700円

頭の向きが右側で残念だったが、味は良し!

御馳走さんでした!

鳥の巣

001
会社の窓から向いの濠を眺めていたら鳥の巣を発見。

アオサギ?

子育てしているのだろうか・・・

 

 

2015/05/21

うまいもの見つけたVOL.517 笠

001
笠 (かさ)

初めての訪問。

店の前を通るたびに、行列ができていて、

さらにブリ茶漬け、500円という看板が気になっていた。

注文は、勿論、それ。

ご飯はお櫃に入って出てくるのを自分でよそうシステム。

このご飯がふっくら炊けていて旨い。

ブリの量も程よい加減。

002
鯛茶漬け方式で、最初はヅケのブリをおかずに食う。

シンプルだが、タレの具合が良く、わさびを溶かして食うと旨い。

ここで、2杯目のご飯をよそい、茶漬けの準備にとりかかる。

急須に入って出てくるカツオ出汁をかけ、海苔を散らす。

003
ブリ茶漬けの完成。

カツオの出汁と相俟って旨し!

この内容で500円!

行列ができるのも頷ける。

こりゃあ、良い店を発見したかも!

昼飯のローテーション入り確実!

これ以上、行列ができると困るので店の場所は教えたくないなあ。

004

2015/05/20

麺食い日記 Vol.860 じなり

001
noodle じなり

初の訪麺。

こだわりの海老ラーメンという幟に惹かれて入店。

飲み屋さんが昼間、ラーメンをやっている体の店だ。

客は女性が多い。

写真は、海老ラーメン、650円+大盛り80円、計730円

とりあえずカタ麺で注文。

注文して2分くらいで出てきた。

ビジュアルは、桜海老が一杯載せてあり、海老感たっぷりの佇まい。

麺は、少し太めの、やや、縮れ麺。

いざ、実食・・・

うーん、初めて海老ラーメンなるものを喰ったが、

スープは、何とも表現しにくい・・・

イメージ的には、海老味噌が溶け込んでいて、

濃厚な味を想定していたが、そうでもない。

俺の少ないボキャブラリでは、うまく、言い表せない・・・

とにかく、味噌ベースの味であることが分かる位だ。

で、美味いか?と問われるとすれば、まあね、と答えるしかない。

残念ながらリピートはしないであろう。

ちょっと上品で大人しい味で、俺には難しい味なのかもしれない。

★★★☆☆

2015/05/18

うまいもの見つけたVOL.516 第三共進丸

001
第三共進丸

安酒友の会の活動。

2人で写真の刺し盛、1500円とお通しとポテトサラダで飲む。

申告制の焼酎と合わせて、一人1500円で終了。

安上がりだ!

安酒友の会の会則は、1回、2000円以内で収めることになっており

楽々、クリア!

2015/05/17

叶嶽~高地山~飯盛山縦走 2015年 第20登

Dsc02120

今日は、久しぶりの好天。

ペットボトル1本持って、ホームコースの叶嶽に登った。

Dsc02121

山も初夏を迎え、花々が咲いている。

Dsc02122

飯盛山が見える。

当初はサクッと叶嶽だけ登ろうと思っていたが、

縦走しようかななどと思い始める。

Dsc02123 

叶嶽頂上到着。

神社に参拝。

金を持ってきてなかったので、お賽銭は無し・・・

給水と煙草を一服して、下山か縦走かを思案。

結果、 飯盛山まで縦走するという結論に。

というわけで、まずは高地山へ向かう。

Dsc02124

黄色い花が咲いていた。

山の花は、派手な花は少なく、どれも慎ましやかだ。

Dsc02125

山頂という感じのしない高地山を通過。

Dsc02126

目指す飯盛山が間近に見えてきた。

写真の右側の尾根伝いに登頂を目指す。

Dsc02127

赤いツツジの花が咲いている。

Dsc02128

先日登った金山方面。

Dsc02129

羽金山方面・・・

Dsc02130

能古島も見えている・・・

Dsc02131

飯盛山山頂到着。

さて、どうしよう・・・

このまま、下山するか、今きたルートを引き返すか・・・

このとき、やや、便意を催していたこともあり下山を選択。

Dsc02132

途中で見つけた切り株。

ハート型の穴が開いていて苔むしている。

屋久島のウィルソン株を思い出したりして・・・

Dsc02133

そのまま、飯盛神社を目指す。

ここのトイレを借りようという寸法だ。

Dsc02134

途中で見つけた小川。

綺麗な水がチョロチョロ流れていた。

Dsc02135

中宮脇の登山道に出てきた。

ここからは舗装道を降りることになる。

Dsc02136

飯盛神社到着。

予定通りトイレを借り、用を足す。

ここからは一般道をテクテク歩いて無事、家に到着。

今日は、天気も良く、少し遠出をしたかったが、それはまたの機会に・・・

活動時間:3:48

活動距離:11.21km

高低差:422m

2015/05/16

うまいもの見つけたVOL.515 馬刺

Dsc02119

熊本の本場から、馬刺しのいただきもの。

家族みんなで食す。

馬し! じゃない、旨しsign03

やっぱり本場は違うねと家族の意見も一致。

女房が盛りつける際、似たような柄のさらに盛り付けてしまった・・・

K君ありがとうね!

麺食い日記 Vol.859 長崎亭

Dsc02118 

noodle 長崎亭

今日は、女房とちゃんぽんを食べに長崎亭へ。

10年以上行ってなかったお店。

写真はちゃんぽん、600円。

シンプルなちゃんぽんだが、麺の感じと

スープが旨い。

女房は少し塩っぱいと言っていたが俺にはちょうど良い感じ。

大将は変わっていて、今は息子さん?

先代の大将はレジ係をやっていたが、

かなり危なっかしい感じ。

支払いの際、前のお客さんの勘定を間違ってたようだ。

そのお客さん、納得がいかない感じで店を出て行っていた。

俺の時にには、それに気づいたような若い店員さんが対応。

2人分の1200円払って終了。

★★★★☆

2015/05/15

麺食い日記 Vol.858 松島

001 
noodle松島

写真は、エビ天うどん、550円。

ネギもしっかりのせてくれました。

太めのうどんは喉越しが良く、スメも旨味たっぷりで

完成度高し。

職場の近くに旨いうどん屋さんがあると便利だよねぇ・・・

★★★★★

 

2015/05/14

麺食い日記 Vol.857 赤のれん

002
noodle 赤のれん

天神に出たついでに寄ってみた。

ラーメン定食、750円を発注。

001
半チャーハンと餃子。

麺のカタさを指定しなかったのでヤワに近い形で出てきた。残念!

スープも懐かしさはあるものの・・・

★★★☆☆

2015/05/13

麺食い日記 Vol.856 高裁食堂

001
noodle 高裁食堂

今日も時間がなく、2日連続での高裁食堂。

今日から始まった冷麺、大盛、700円。

皿というより、底の深い器に盛られて、かなりの大盛だ。

ハム、きゅうり、トマト、錦糸卵のオーソドックススタイル。

麺は普通の中華めんで食感はイマイチ。

味もきわめて想定内のもの。

とは言え、満腹、満腹。

★★★★☆