楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 2015年1月 | メイン | 2015年3月 »

2015年2月

2015/02/28

三俣山 2015年 第9登

Dsc01597
今日のターゲットの三俣山。

久住のシンボル的な山。

先月、チャレンジするも強風のため断念した山。

今日こそリベンジだ。

8:47長者原を出発。

タデ湿原を一人歩む。

天気は快晴。ひんやりとした空気が気持ち良い。

Dsc01598
9:20砂防ダム通過・・・

ペースは普通か、風邪気味だったので少し体は重い感じ。

Dsc01604
霜柱がすごい。

まるで、カイワレ大根のようだ・・・

Dsc01606 
Dsc01608

Dsc01610
三俣山西峰がぐっと近づいてきた・・・

Dsc01612
日陰はまだ雪が残っている・・・

Dsc01613
硫黄山の山肌からは今日もガスが出ている・・・

Dsc01617 
 
またも雪。

雪が凍ってシャリシャリしている。

Dsc01616
10:10 すがもり越到着

Dsc01621 
 
今日は風がなくチャレンジ可能だ。

急登に備え、写真を撮りながら、しばし休息・・・

大船山もくっきり見えている。

Dsc01620
10:26 三俣山西峰アタック開始。

Dsc01623
登山道は、雪が残っていて滑りやすいし、

雪がないところはぬかるんで足をとられ、登りにくい。

枝分かれしている登山道を慎重に選択しながら登る。

10:51急登を越えると頂上が見えてきた。

Dsc01624
10:55西峰頂上登頂!

Dsc01625 
ここで360度の絶景に浸る。

涌蓋山方面・・・

Dsc01627
星生山、久住山方面・・・

Dsc01628
中岳方面・・・

Dsc01629
大船山方面・・・

Dsc01630
次のターゲット、三俣山本峰・・・

Dsc01626
後から2人組の登山者が来たのでシャッターを押してもらう

Dsc01631

Dsc01632
ここから本峰へ。

一度、谷を下って、また登ることになる・・・

なにせ三俣山というのだから仕方がない・・・

そして・・・11:36 登頂!

Dsc01634
雲海が見える。

最高の景色だ!

ギザギザの阿蘇の根子岳が見える、中岳も噴煙を吐き出している・・・

Dsc01635
雲海の上に由布岳がちょこっと頭を出している・・・

Dsc01641
トレッキングポールで自撮り・・・

Dsc01643
Ⅳ峰からの眺め・・・

Dsc01645
ここから南峰を目指す・・・

雪が凍っていて歩きにくい・・・

Dsc01647
うっかりするとこんな落とし穴のようなところが・・・

実際、何度も30cm位、ズボッと落ちてしまった・・・

Dsc01648
なんとか南峰到着。12:10

ここでも自撮り・・・

Dsc01654 
右から星生、星生崎、久住、天狗が城、中岳・・・奥に阿蘇・・・

Dsc01650 
祖母山、傾山方面もうっすら見えている。

Dsc01651
大船山がグッと近くに見える・・・

Dsc01652
阿蘇中岳の噴煙をズームで撮ってみた・・・

Dsc01656
本当は、ここから坊がつる方面に下山するつもりだったが、

頂上であった人に道を尋ねると、斜度40度近くの急な下りで

南斜面なので雪が解けてぬかるんでいるので危険だという。

ここは、無理をせず来た道をすがもり越まで引き返すことにした。12:24

また、ふた山越えることになる。

途中で見た巨岩・・・

Dsc01657
西峰下山途中に見えたすがもり越の避難所・・・

Dsc01658 
すがもり越に降り、しばし休憩。

ここで、長者原に戻るには二つのコースがある。

一つは来た道をそのまま引き返すルート。

もう一つは北千里浜に降り、法華院山荘を経由し、坊がつる、雨が池を経由するルート。

即ち、三俣山を一周するルートだ。

今日は早い時間に登り始めたので、時間には余裕があるので、

かなり遠回りになるが二番目のルートを選択。

まずは、ガレ場を通って北千里浜に降りる。13:57

Dsc01659

Dsc01660
ここを左にコースをとり、北千里浜をゆうゆうと歩く。

なかなか良い景色だ・・・

Dsc01661

Dsc01662

Dsc01663

Dsc01664
岩の裂け目からひげのようにぶら下がったつらら・・・

Dsc01665

 法華院山荘におりる斜面。

ここは、たっぷり雪が残っている。

危険な香り・・・14:08

Dsc01666
この先が谷底になっていて、その脇を慎重におりていく。

斜面が凍っていて足を滑らせると谷底へ滑落の危険あり。

急遽、チェーンスパイクを装着。

雪の斜面を2~300mトラバース。

大袈裟だけど生命の危険を感じる。

やっと危険地帯を抜けてしっかりした足場にたどり着く。

いやー、生きた心地しなかったぜ!

Dsc01667
急斜面を降り切り砂防ダムまで来た。14:37

この短い距離を降りるのに30分くらいかかってしまった。

小さなかまくらが・・・

Dsc01668
法華院温泉山荘を通過。14:41

水の補給をさせて貰う。

Dsc01671
ここから一路、坊がつる方面へ・・・

Dsc01672
さっきまで登っていた三俣山南峰を見ながら歩く・・・

Dsc01673
坊がつるの入口・・・14:50

Dsc01674
さらに進み、こんどはコースを左にとり、長者原方面へ。

ここからまた、峠を越すための登りが始まる。

Dsc01676
雨が池をめざす。

泥濘の道がずっと続き、靴はドロドロ。

Dsc01677
坊がつるが下に見えてきた。

Dsc01678
雨が池到着・・・15:34

といってもこの時期、池らしきものはない。

Dsc01679

Dsc01680
そして、16:36長者原に戻ってきた。

Dsc01683
登山開始から終了まで、ほぼ8時間。

今回の登山・・・

絶景あり、雪あり、泥濘ありの楽しくも苦しい登山となった。

教訓、雪山はなめたらいかん!

お疲れ様でした!俺!

帰りの車の運転中、背中がつってしまったことを報告しときます。

 

2015/02/27

うまいもの見つけたVOL.498 肉たらし

001
restaurant 肉たらし

初の入店。

写真は焼肉定食、880円

サラダにチヂミに焼肉。

全体像はこんな感じ。

002
ご飯を大盛りで注文したらこんな感じで出てきた。

003
仏さんのごはんか、かき氷かと言う位の盛り方。

ウェイトレスさんに聞くと、当店は昔話風に盛ってますとの回答。

何となく分かるような分からないような返事だが、カワイイので許す。

2015/02/26

うまいもの見つけたVOL.497 ほとじま

003
ほとじま

写真はひゅうが丼、650円

ご飯の上にまぐろをのせて、少し甘めのゴマダレがかかっている。

シンプルな丼。

全体像はこんな感じ・・・

002
味噌汁は今が旬のクロメ汁。

ゴマダレの甘さでごはんが進む一品。

豊後梅

004
大分県庁の駐車場にある豊後梅が今年も咲いた。

大分県の県花・県木の看板がたっている。

ヨリの写真・・・

001

2015/02/23

麺食い日記 Vol.833 一骨家

001_2
noodle 一骨家

久しぶりの訪麺。

写真はラーメン大盛り、600円

ただし、大盛りは無料サービス。

相変わらずのドロドロの濃厚ドとんこつ。

麺が細いものだから、スープと絡みすぎる感じだ。

炙り焼き豚はトロトロして美味。

このラーメン、毎日喰ったら確実に身体を壊すことを保証するsign03

でも、たまには良いよね・・・

★★★★☆

 

2015/02/21

二丈岳 2015年 第8登

001
今日も女房と登山。

今日は初の二丈岳。

天気予報fでは午前中は晴れる筈だったが見事に曇り。

11:08

ゆらりんこ橋の登山口から出発!

でもこの橋、全然ゆらりんこしない・・・

002
二丈渓谷・・・

水量はかなり多い・・・

003
炭焼き窯の跡・・・

004
子供たちが学校帰りに雨が降ってきたら雨宿りしたという"家の石"

005
まだ、雪が残っているところもあった・・・

007
12:41 登山開始約1.5時間 頂上到着

008
最後の坂は急だったが、それ以外はよく整備されていて歩きやすい道だった。

ここには昔、城があったようだ・・・

009
記念撮影・・・

011
生憎の天気で景色はイマイチ

014

015
天気が良ければ相当にきれいな景色が期待できそうだ。

浮嶽(筑紫富士)方面・・・

左手前が女岳、中央が浮嶽・・・

017 
これが本当の山頂?

018
ここで雨がポツポツと降ってきた。

弁当は下山して食べることにして、早々に下山開始。13:02

最後の登りを下から見るとこんな感じ・・・

写真ではわかりにくいが結構な急坂。

023
明神の滝①

025
明神の滝②

026
明神の滝③

027
家の石まで降りてきた・・・

029
無事、ゆらりんこ橋に下山。14:14

下りは1時間ちょっと。

031
下山したら雨脚が強くなってきたので、車中で昼食。

活動時間 3:10:40

活動距離 7.576km

高低差   614m

頂上での滞在時間が短かったためか少し物足りない登山になった。

今度は天気の良い時にsign03

032

2015/02/18

うまいもの見つけたVOL.496 ふぐ

001 
某ふぐ屋さん

今シーズン最後のふぐになりそうな・・・

美味しい料理と楽しい会話、これがあれば何も要らない・・・

 

2015/02/15

叶嶽→高租山→飯盛山→叶嶽 ピストン縦走 2015年 第7登

002
今日は生憎のcloud

山からの景色は期待できないのでトレーニングに徹して

自宅付近の三座を縦走することに・・・

女房におにぎり3個とデザートのリンゴを用意してもらい出発。

まずは叶嶽からやっつけよう。

最近知ったワンワンコースから登る。

登山口でOさんという方と元お医者さんの先生と知り合い

3人で登ることになった。

考えてみると女房以外の人と一緒に山に登るのは初めて。

色々、おしゃべりしながら登る。

お医者さんはかなり高齢で徐々にペースが落ちてきた。

Oさんに待ちましょうかと問うと

先生はマイペースだからほっといていいんですとの回答。

したがって叶嶽頂上は2人で登頂。

叶嶽神社にお詣りするOさん

003_2
Oさんは下山するというのでここで別れ縦走に入る・・・

高祖山で昼食。

004_2
ここからさらに飯盛山縦走、これは初めての体験。

かなりきつかったが無事下山。

行動時間 5:56

移動距離 15km

高低差 395m

高低差は低いが何度もアップダウンがあり、良いトレーニングになった。

 

 

2015/02/14

雷山 2015年 第6登

056
2015.2.14 sun

今日のターゲットは、雷山

天気は快晴、微風の絶好の登山日和。

今日は女房と登山だ。

11:00 バス停そばの登山口から登山開始

001
まずは清賀の滝を目指す・・・

003
少し舗装道路を歩くとこんな道に・・・

004
11:30清賀の滝に到着

009
ここで少し休憩してさらに上を目指す・・・ 

 
上に登るにつれて気温が下がっていく。

ところどころに凍った小川があったりする。

013_2

017
12:22 中宮に到着。

018
ここでまた休憩をとる。

そしていよいよ頂上へアタックだ!

中宮から先は急に傾斜がきつくなり、さらに雪が残っていて

しかもそれが凍っている。

019 
020
滑ったり転倒したりしないように慎重に歩を進める。

12:59 雷山頂上(955.3m)に到着。

休み休み登ったので所要時間、2時間だ。

022
頂上は日が照っていて、おまけに無風。

ポカポカしていて気持ちが良い。

さっそく弁当を広げて昼食。

昼食を終えて写真撮影タイム・・・

古い標識

024
三角点

025
山頂の大岩に登ってみる。少しへっぴり腰・・・

031
女房も負けじと登る。

036 
040
360度の大パノラマ

玄界灘方面

041
反時計回りに

042 
043
天山方面、頂上付近は冠雪・・・

044
肉眼ではうっすら雲仙が見えたのだが・・・

045 
046
福岡市内方面・・・中央の突起状の山が飯盛山

047
1時間以上山頂で過ごした後、下山開始

048
15:17清賀の滝まで降りてくる。

2段になっている滝の上の段まで登ってみた・・・

053
15:41下山終了、家路につく。

今日はバレンタインデー。

頂上で女房にチョコを貰う。

天気とパートナーに恵まれた楽しい一日になった!

行動時間 4:42 休憩昼食含む

移動距離 6.2km

高低差 645m

 

2015/02/13

うまいもの見つけたVOL.495 アズーリ

001_2
restaurantアズーリ

今日は某ホテルでランチをご馳走になった。

まずは、生ハムとサラミの何たらという前菜。

続いて生ウニのパスタ。

002_2
そして、国産牛ロースの何たら・・・

003_2
美味しゅうございました!

 

 

2015/02/12

うまいもの見つけたVOL.494 パパロンチーノ

003
今日は早帰り・・・

久しぶりにパスタを作った。

ニンニクとベーコンを使用し、醤油で味をつける得意料理、

親父が作る”パパロンチーノ”

七味をがっつり降って食す。

合わせて卵スープも作る。

002
器が味噌汁椀なのはご愛嬌。

2015/02/11

うまいもの見つけたVOL.493 東海林さだお風チャーシュー

001
本日は建国記念日で休日。

一瞬、山に行こうかとも考えたが部屋の掃除と洗濯を優先することにした。

一通り作業終了したら午後になってしまった。

ここからは料理タイム!

先週の日曜日に作ろうと思って買っておいた豚バラブロックで

東海林さだお風チャーシューを作る。

作り方は簡単、豚バラブロックを30ほど茹でる。

茹であがったらジップロックに入れ、さらに醤油をヒタヒタになる量注ぎいれる。

30分待つ・・・以上

あとは適当に切って食う。

このとき付け込んでいた醤油を少し垂らして食う。

なかなか旨い。

002
これをつまみながら、夕方から呑んでしまった。

実にお手軽、安上がりな肴である。

2015/02/10

麺食い日記 Vol.832 李白

001_2
noodle 李白

本日の注文は八珍魚翅湯麺(フカヒレラーメン)、1371円

麺はカタ麺で指示。

うま味たっぷりのスープは、やや甘めでGOOD!

麺も指示通りのカタさでGOOD!

美味しゅうございました!

★★★★★

うまいもの見つけたVOL.492 アジのヅケ丼

002
今日の朝飯

昨日、酒の肴にスーパーで購入したアジ刺が残ったので

ヅケ丼にして食す。

見た目はグロテスクだが旨し。

全体像はこんな感じ。

001
佐伯のイリコでとった出汁で作った味噌汁。

具はエノキと油揚げ、そしてベランダで育てているネギと

今が旬の海藻クロメを刻んで。

それに自作の白菜の浅漬け。

 

2015/02/08

うまいもの見つけたVOL.491 自作のブリのあら煮

001_2
スーパーで天然ブリのあらを発見。380円。

煮つけにしようと購入。

これが養殖だったらスルーするのだが、天然とあれば見逃せない。

お湯をかけて臭みを取り、砂糖、醤油、味醂、料理酒など適当にブレンドし

煮立たせてからブリ投入。落し蓋をしてコトコト煮たら出来上がり。

ちょっと煮崩れてしまったが、味は最高。

002_2
昼間っからこれをつつきながら、撮りためていたTVドラマを見る休日。

これもまた良し。

2015/02/07

うまいもの見つけたVOL.490 自作キムチ鍋?

029
久住から帰宅、風呂に入りキムチ鍋?を作る。

俺のキムチ鍋?は、激辛のインスタントラーメンで作る。

豆腐、野菜、豚肉、餃子などを激辛ラーメンのスープで煮て食う。

最後にラーメンを入れて食うというお手軽メニューだ。

030
冬には暖まるし簡単でいい。

沓掛山 2015年 第5登

001
今日は雪の久住に挑戦。

路面凍結を避け、久住の南側、竹田経由で牧ノ戸峠に。

昨日のロケハンのおかげで作戦的中。

途中の路面は通常通りで、ノーマルタイヤでノープロブレム。

ただし、駐車場はすでに一杯でやっとスペースを見つけて駐車。

思いのほか時間をくってしまった。

11:18 牧ノ戸登山口から登山開始。

今日は牧ノ戸~星生山~星生崎~久住別れ~西千里浜~牧ノ戸というコースを

攻める予定。

登山口から積雪のため登山靴にチェーンスパイクを装着。

おかげで滑ることなくしっかり雪を捉まえてザックザックと登る。

ただ、その分、足取りは重くなる。

11:28

最初の坂を10分ほどで登り展望台に到着。

002
三俣山方面が見渡せる。

風はさほどなく、寒さも感じない。

まず最初の山、沓掛山へ続く階段。

003
何度登ってもここら辺りが一番きつい。

登山は登り初めがきついというが、いきなりの急登。

あせらずにゆっくりゆっくり・・・

ここを過ぎると一気に楽になるのだが・・・

登りきると今度は木の階段。

004
周囲の樹氷が綺麗である。

沓掛山方面・・・

005
11:47 沓掛山 1503m通過

006
さらに歩を進める・・・

途中、樹氷のトンネルのような所を通る・・・

007
しばらく歩くと急にガスが出てきた・・・

午前中はまずまずの天気だったのだが・・・down

008 
先の方はほとんど見えない・・・

青空が見えないのでまるでモノクロ写真の世界だ。

ガスはみるみる拡がってきた・・・

009
こりゃやばいな・・・

ヤバイヨヤバイヨ・・・

010 
振り返って風上方面を確認・・・

こちらもガス発生、しかも、風もなく、当分晴れそうもない。

011
もう少し先まで行ってみて判断することに・・・

012

013

014
12:36 ここで、下山を決断・・・

たとえこのまま進んでも眺望は期待できないし

単独での雪山登山、安全第一を考えればやむを得ない。

015 
来た道を引き返す。

せっかく来たので写真を撮りながらゆっくり降りよう。

樹氷のトンネル・・・

016
樹氷・・・

017

018
ナベ谷まで戻ってきた・・・

019
ナベ谷から下を覗き込んでみる。

そこはまるで水墨画の世界だ。

021
沓掛山まで戻ってきた。

いつもは通過するだけの山だが、悔しいので記念撮影をすることに・・・

自撮り機能付きトレッキングポールでパチリ。

023
沓掛山頂上から戻ってきたコースを写してみた。

024
やはり、中止して正解だったようだ。

悔し紛れの雪景色・・・

025

027

026
13:24 無事、牧ノ戸峠に到着。

チェーンスパイクを外して登山終了。

028
お疲れさんでした!

雪山は前回は強風のため、そして今回はガスのために登頂断念。

"山は逃げない”という言葉を思い出す・・・

また、登ればいいや・・・

 

 

 

2015/02/06

牧ノ戸峠

003
今日は久住方面で仕事。

ついでに、ロケハンも兼ねて牧ノ戸登山口を視察。

というのも明日登ろうかと考えているので・・・

一面の銀世界!

明日、路面凍結しないことを祈る。

004

2015/02/05

うまいもの見つけたVOL.489 テンキュー

001
restaurantテンキュー

今日は生姜焼き定食、ごはん大盛り750円。

ここの生姜焼き、やや甘い味付け。

でも逆に、ごはんのおかずには最適。

大盛りのごはんもペロリ。

このお店、外れがない・・・

002

2015/02/04

うまいもの見つけたVOL.488 久住屋

003
restaurant 久住屋

今日は久住屋特製カレー、味噌汁、冷奴つき690円を注文。

メニューにはパキスタン風チキンカレー(辛口)と補足説明されている。

一口食べてみる。

なるほど、かなりスパイシーだ。

チキンは柔らかく食べやすい。

久住でのびのび育った鶏の質の良さを感じさせる。

ランチには大盛りサラダもついてくるのだが、これがまた新鮮で旨い。

シャキシャキ感がたまらないし、ドレッシングもサッパリして旨い。

001
箸袋は手作りとのことでお持ち帰りくださいとの案内。

でも箸袋を持って帰ってもねぇ・・・

今日はのんびりしたランチになった。