楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 春はもう、そこまで・・・ | メイン | 大分駅前地下道 »

2014/03/04

態度の悪い店員

今日、ある店の前を通りかかったとき、ふと、柚子胡椒を切らしていることを思い出し、

店頭で、しばし物色。

練りのタイプでなく、粒の残っている奴をようやく探し出しレジへ。

事件はそこで起こった。

その店は、カウンターの上にレジが2つ並んでいて

50歳オーバーの女性店員が1人の状態。

かつ、前に1人客がいて、その店員が右側のレジで対応中だったので

何となく50cm横の左のレジに柚子胡椒の瓶を置いて、待つ感じになった。

右側の客の清算が終わった時に、その店員が、何かボソッとつぶやいたのは聞こえた。

それが、誰に対して言ったのか良く分からなかった。

前の客に行ったのか、待っている俺に言ったのか・・・

俺は、金を払うべく小銭入れから金を出して待っているのだが、

その店員は、右側のレジの前に突っ立ち前方を向いたまま、

こちらのレジの方に移動してこようともしない。

レジはさっきも書いたように50cmしか離れていなく、

少し、身体を動かせば対応できるはずなのにである。

奇妙な沈黙が10秒くらい続いた。

そこで、ふと、さっきこの店員がつぶやいたのが

「こちらのレジでお願いします」って言ったのかもしれない気がして、

左側のレジ側のカウンターに置いた柚子胡椒を右側のレジの方に置いてみたら

その店員が、やっと動き出し、「315円になります」と言う。

しかも、顔は無表情だ。

俺もカチンときて、金を払いながら、「ハッキリ言わないとわからないよ」

というと、その店員、これ以上ない位のふてくされ方で

「申し訳ございません」とこちらを見ることも無く、極めて事務的に言うではないか。

俺は、さらに頭にきて、「キミ、態度悪いねぇ」と少し強めに言うと

今度は「態度が悪うございますか?申し訳ございません」と無表情で、またもや

視線は外したまま言ってのける始末。

俺は、ほとんどブチ切れるのを必死で押さえながら、315円をカウンターの上の

小銭受けに、半ば投げつける形で支払いを済まし店を後にした。

その、おばさん店員、痩せぎすで、如何にも性格の悪そうな顔をしていた。

因みに名札には帯刀(たてわき)と書いてあった。

因みに店は...これは伏せておくことにする。

本当に不愉快な買い物になった・・・

何だかねぇ~sign03

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397078/32128987

態度の悪い店員を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿