楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« コムス | メイン | 麺食い日記 Vol.737 Ciao (チャオ) »

2014/02/12

ぎっくり腰?

腰をやってしまった・・・

福岡から大分までの高速バス。

座席間が狭いため身を屈めて座る、ちょうど体育座りみたいな感じ。

2時間あまりの乗車時間。

どうやら、不自然なスタイルで長時間座って、身体が固まったようだ。

目的地到着とともに立ち上がろうとした途端、ピキッときた。

でも、その時は大したことも無くマンションまで普通に徒歩で帰ったのだが、

翌朝大変な状態に・・・

身体が伸ばせない。

伸ばそうとすると腰に激痛が走る。

それでも、何とかして会社に出なければならない。

通常は、徒歩での通勤なのだが、この状態ではとても歩けそうにない。

バイクで出勤することにした。

腰は痛くてもバイクに乗ってしまえば痛みはなく無事出社することができた。

午前中と午後一の仕事を終わらせ整骨院へ・・・

会社の先輩女性社員から聞いた今弁慶という整骨院だ。

如何にも古びた整骨院。

整体師は女性。

年のころは50歳後半。

見た目は、樹木希林に似た感じのひと。

紺色のジャージに昔のスヌーピーのトレーナーを着ている・・・が、

かなり汚れていてハッキリ言って汚い。

3台ある治療のためのベッドの真ん中にうつ伏せに寝るように指示される。

診察室には他に、患者なのか、娘なのか分からない若い女性が、毛布をかぶって

横たわっている。

手にはケータイ。

何かメールを打っているのかゲームをしているのか、かなり集中しているようだ。

樹木希林似の整体師は白衣に着替える。

この白衣がまた汚い。

俺にベルトを弛めろと指示。

弛め終わると、俺のズボンを引きずり降ろし、半ケツが露わになった。

若い女性の視線を背後に感じながら治療が始まる。

まずは指圧・・・かなり力は強い・・・

それから、蒸しタオルのようなもので腰を暖める。

アチッという位の温度だ。

タオルの温度が下がってくるとまた、新たな熱いやつにとりかえる。

この作業が何度となく繰り返される。

これはこれで気持ちは良い。

固くなった腰の部分がほぐれていく感じがする。

ひとしきり繰り返されたこの作業も終わり、再度、指圧に入る。

これも終了し、最後は湿布。

これで、終了。

所要時間、1時間程度か。

結果、確かに楽になったsign01

腰も伸ばせるし、痛みは激減。

ありがとうsign01

助かったsign01

着衣を整えながら、診察室内を見渡すと

俺の腰に当てられていた蒸しタオルのようなものを見つけて愕然。

おれは、てっきり、真っ白なタオルを想定していたのだが、実は違っていた。

色は薄茶色、雑巾でこぼしたコーヒーを拭いて出来たシミのような色。

まるで、小学校の時、掃除の時間に使った、かなり年季の入った雑巾そのものだ。

俺は、終始うつ伏せだったのでまったく気付かなかったのだが

俺の腰を暖めていたのはまさしくこれだったのだ。

腰は治して貰ったが、やや、複雑な気持ちでその場を立ち去ったのであった。

治療を受けながらの会話の中で、最近の整骨院は機械や、電気を使うが

うちは、手だけだと豪語していた。

今弁慶という整骨院の名前を尋ねると、

もともと、この整骨院は京都で営業をしていて17代続いているという。

それを先代か先々代が大分に移り営業を続けているのだという。

弁慶という名前は、先祖が後醍醐天皇に警護役として任命されたときに貰った名前で

それから時間も経ったので今弁慶という名で営業しているのだと言う。

真偽のほどは良く分からないが、とにかく腰を直してくれたわけで、

その点では、感謝している。

因みに治療費は970円。

この安さにもびっくり。

でも、もう少しベッドやタオル類、整体師の服装をこぎれいにして貰いたい気がする。

 

1395623337900

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397078/32097831

ぎっくり腰?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿