楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 蝉の季節 | メイン | うまいもの見つけたVOL.272 味のより道 うしじま »

2013/07/11

クリーニング屋の取り違え事件

2010021500001275r250023thumb 単身赴任生活に於いて、クリーニング屋は重要な位置づけである。

その良し悪しは、生活を左右すると言っても過言ではない。

マンション選びの時点で最寄りのクリーニング屋を確認。

徒歩3分の距離のチェーン展開している店舗だ。

店番は70歳くらいの婆さん。

この人が少し危うい。

過去数回、約束の時間に仕上がっていないことがあったり、

急に定休日でもないのに休んだり、

そもそも、Yシャツの襟の仕上がりが気に入らないのであるが、

近いという理由だけで利用し続けている。

今回は、Yシャツの取り違え事件が勃発。

朝、クローゼットからYシャツを取り出そうとすると、白い半袖のものが・・・

俺は半袖は着ないので持っていない筈なのにである。

慌てて他のを見ると青い見慣れないYシャツも出てきた。

俺は普段4~5枚たまった時点でクリーニングに出すので

その中に紛れていたようだ。

店頭で婆さんが確認し、纏めてクリーニング用のバッグに入れるので

いちいち確認をしていなかった俺も悪いのだが・・・

取りあえず、Yシャツについているタグを確認。

春⑧374、春⑧375と書いてある。

ネットで電話番号を調べ連絡。

その婆さんに番号を伝えて至急履歴の調査を依頼。

折り返し、電話がかかってきた。

婆さん詫びながら曰く「私が番号つけ間違ったかも知れません」

俺曰く「実際、取り違えているので、かもじゃなくて、つけ間違いました でしょ」

すると、その婆さんが言い訳を始める。

「お客様が来られる直前に、白と色ものを持って来られた別のお客さんがいて

私が番号つけ間違ったかもしれません」  まだ、かもであるsign01

さらに続く

「そのお客さんはT芝に勤めている、良く来られる人で・・・」

そんな、個人情報要らないsign01

俺曰く「とにかく、その人に連絡して俺のYシャツを返してくれ」ということで電話を切り

俺んちにある、T芝?の人のYシャツを返却に行った。

婆さんに聞くと、まだT芝?の人とは連絡が取れないとのこと。

そこで、気になったのが・・・俺は、そのT芝?の人のYシャツを、

受け取ったそのままの形で返却出来たが、

仮にT芝?の人が間違って着てしまっていたら嫌だなという点。

ちゃんとクリーニングして返されてもだ。

その旨を婆さんに伝えると、その時は弁償しますとのこと。

何を基準にいくら弁償してくれるのだろう・・・

と言いつつ、実のところ、取り違えられた俺のYシャツって

どんな奴だったかを思い出せないでいる。

取りあえず連絡を待とう・・・

何だかねぇ~

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397078/31712833

クリーニング屋の取り違え事件を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿