楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« ベランダ菜園2 | メイン | うまいもの見つけたVOL.217 まぐろ料理 ほとじま »

2013/05/22

何か仕事を下さい!

Imagescaravkuy 昨日、某社の担当が上司を連れてやってきた。

あらたまって何事かと話を聞くと、”今月、来月の売り上げが足りなくてピンチ”だと。

お願いです!何でも良いから仕事を下さい”とのこと。

その会社とは、昔からお付き合いがあって相応の便宜は、はかっているつもりなのだが、

こうあからさまに言われると、口あんぐり・・・

今月といっても、残り10日余り。

そうそう仕事が転がっている訳ではない。

そもそも、その状況はその日に分かった訳ではあるまいし、急に言われても・・・

しかも、その会社、そこそこ名の通った大企業。

町の中小零細企業ではない。

さらに、その言い種が、”何か下さい”ときた。

子供が学校から帰ってきて、おやつに何か頂戴ってな具合に・・・

こちらとしては、別にその会社の業績に何ら責任がある訳でもない。

慈善事業じゃあるまいし、また、何の精神的、経済的な借りも無い。

むしろ、貸しなら一杯ある・・・

勿論、ビジネス上、必要があれば発注はするし、困っているというのであれば

助けてやりたいという気持ちはあるのだが、それにしても、”何か下さい”は無いだろう。

刑務所じゃあるまいし、これは最早、ビジネスではない。

こういうのを土下座営業というのだろうか・・・

大の大人が2人、雁首揃えて、何の臆面もなく良く来れたものだと思う。

我々も営業行為を行っているが、こんな営業をしたことはついぞ無い。

我社の社訓に、「仕事は自ら「創る」べきで、与えられるべきでない」というのがあるが、

何かしらの提案ごとがあって、しかも、当然、相手方にもメリットがあって初めて

ビジネスって成立するのではないだろうか。

と思うのだが・・・

こういう甘えた仕事をする奴にはむかっ腹がたつsign01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397078/31554491

何か仕事を下さい!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿