楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012/07/31

うまいもの見つけたVOL.103 遊遊

120731_001

遊遊

大分県庁裏

今日は大きなプレゼンがあるので、縁起を担いでカツ丼。

値段は500円で味噌汁と漬物付き。

昔ながらの素朴な味わい。

カツ丼自体、久しぶりに喰ったので何か新鮮な感じが・・・

さて、今日のプレゼンの結果や如何に・・・

120731_002

2012/07/30

うまいもの見つけたVOL.102 鉄板焼 宮崎

120730_002

鉄板焼 宮崎

大分市都町

地元で美味しいという評判を聞き訪問。

まずは、前菜から・・・

120730_003

カニやホタテや生ハム、フォアグラにキャビア・・・

味は勿論、彩り鮮やかで絶品。

次にスープとパン

120730_004

そして、ヒラメとアスパラガス

120730_005

分厚いヒラメにカボスを搾って食す。

アスパラも美味しい。

120730_006

最後は埼玉産の牛ステーキと野菜たち・・・

どれを喰っても旨いsign03

当然、酒もススム。

ビール、ワイン、日本酒、焼酎。

美味しゅうございましたsign03

シェフは、元大分東洋ホテル総料理長の宮崎さん

Miyazaki_2

麺食い日記 Vol.560 ラーメンとん太 大道店

120730_001

noodle ラーメンとん太 大道店

最近オープンした店。

一応、チェックsign01

写真は、一番人気とやらのとん太めん 大盛。640円

割と濃いめのスープにチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ。

麺は、中太の縮れ麺。

一言で表現すれば、ザ・チェーン店の味。

マニュアル通りに作ったら、こうなりますという感じの代物。

あまり、特徴が無く、従ってコメントも難しい。

要するに、あまり美味しくないってことかな。

多分、もう行かないような気がする。

★★★☆☆

120730_002

2012/07/29

豊後探訪 VOL.11 慈恩の滝

Dsc00004_3

福岡の自宅から大分へバイクで移動中に慈恩の滝に立ち寄る。

轟々と流れ落ちる大量の水。

辺りには細かい水しぶきが霧のように立ち込め、極めて涼しい。

何度か訪れてはいるが、必ず立ち寄りたい場所。

この辺りから湯布院を過ぎるまでの道のりは、高原の涼しさが満喫できる

絶好のツーリングロードだ。

2012/07/25

炎天下でのゴルフコンペ

今日はクライアント団体のゴルフコンペに出場。

真夏のこのくそ暑い時期に、しかも、涼しい高原での開催でもなく

あまり気乗りのしないコンペ。

しかも前日の深酒&睡眠不足。

加えて、単身赴任の辛さで朝飯抜きの最悪の状態での参加。

ゴルフ場に到着すると、これがまた嫌になるくらい快晴と来たもんだ。

ウンザリしながら着替え、開会式に・・・

司会の"今日は暑くなりますので、水分補給を十分に行い、熱中症にならないように

お願いします"という言葉に、じゃあ、こんな時期にやるなよと思いながらスタート。

すでに日は昇り、上から容赦なく照りつけてくるし、

下からは、芝生が湿気を含んだムンムンした空気を排出して攻め立ててくる。

おまけに、無風ときたもんだから、まさにサウナ状態。

2ホール目辺りから早くも参加したことを後悔し始める・・・

それでも、水分を補給しながら、また、冷たいおしぼりで首筋を冷やしながら

プレーを続ける。

当然、スコアもまとまらない・・・と自分の下手さを暑さのせいにし始める。

やっとこさハーフ終了。

とにかく体を冷やしたいので昼飯には冷やし中華を注文。

この冷やし中華に、よせばいいのにマヨネーズが入っていたりして

不快指数200%に上昇!

涼しいクラブハウスでかなりリフレッシュすることは出来たのではあるが

イザ残り9ホール!頑張っていきまっしょい!という気持ちになかなかなれない。

急に雷雨が来て中止にならないかなぁなどと願ってみるが、

外は、まったくその気配もなく、恨めしいくらいのピーカン。

パートナーもやりたくない感アリアリの中、後半スタート。

前半は会話も弾んでいたのだが、後半は皆、無口になっていく。

たまに出る言葉は、"あと何ホール"、"修行"、"我慢大会"、”シゴキ”、"罰ゲーム"、

"学生時代の部活の夏合宿"みたいなワードばかり・・・

途中、キャディーから麦茶や梅干しを貰いながら、何とか無事プレー終了。

風呂場では冷水を浴び、身体を冷やし、やっと一息・・・

体重計に乗ると、約1.2kg軽くなっていた。

そんなつらいゴルフではあったが、うれしい結果もついてきた。

それは、15番ホールでのドラコン。

このホールのティーショット(だけ)は会心の(まぐれ)当り。

雲一つない青空を切り裂くような弾道がフェアウェイのど真ん中へ、

前に回った人がたてたフラッグを軽々とオーバードライブ!

フラッグには、この業界で敵なしのセミプロ級の腕前を持つ、しかも、このコンペの

ベスグロ8連覇中のW氏の名前が・・・

俺はお尻から2番目の組で回っていたので、後ろの組の誰かが俺を越さない限り、

ドラコン賞が転がり込んでくるわけだ・・・

期待に胸を膨らませながらフラッグに名前を記入、

そして、表彰式に臨んだ・・・

順位の表彰が続き、いよいよドラコンの表彰だ・・・

15番ホール ドラコン賞ゲット! 獲ったどぉー!

苦しいゴルフだったが、神様はご褒美を用意していてくれたようだ。

頑張って良かった!

Dsc00003

2012/07/24

うまいもの見つけたVOL.101 あんとれ

120724

restaurant あんとれ

昨日、梅雨が明けて今日は、夏本番!

この暑さを乗り切るべく、お肉系を選択。

サーロインステーキランチ 680円。

決して、良い肉という訳ではないが、噛み応えもありsign02

これはこれなりにOKsign01

サラダとライスをペロリ、頂きました。

さあ、これから会議だsign01

2012/07/22

うまいもの見つけたVOL.100 刺身三昧

女房と、おさかな天国?に仕入れに行き、我が家にて刺身パーティー。

まずは、ヤリイカとヤズの刺身。

120722_001

ヤズはイマイチだったが、ヤリイカはコリコリしていてまずまずdelicious

お次はウニ

120722_002

ウニは、当たり外れが大きいのだが、今回のは合格点かな?

さらに サザエでございまーす。

120722_003

最近のサザエの作り。

貝の入り口付近に透明キャップがパコッとはめられていて

そこに盛りつけられている。

昔は、大根の千切りや海藻だったけどね・・・

それから、ヤリイカのゲソを使ったぽっぽ焼き。

本当ははらわたも入れたかったのだが

スルメイカのはらわたは大きいが、ヤリイカは小さいらしく

魚屋さんがつけてくれなかった。

120722_004

そして最後に、ヤリイカ・ヤズ・ウニで海鮮丼風にして・・・

120722_005

なかなか美味しゅうございました。

2012/07/21

選手権1次予選 福翔 VS  福岡農

Dsc00026

2012.7.21 福岡農G cloud/rain

10:00キックオフ

soccer福翔 7-0 福岡農業

前半 1-0

後半 6-0

選手権1次予選1回戦。

久しぶりのサッカー観戦。

福翔は3年生が全員抜けて、2年、1年生の新チーム。

最近の試合では調子を上げているようだ。

試合開始からほぼ福翔が主導権を握り優勢に試合を進める。

ただ、グランド状態が良くなく、最後のパスが繋がらずなかなかフィニッシュに

もっていけない。そんな中でゴール前に上がったセンタリングに長身1年生FWが

頭で合わせて先制、均衡を破る。

ただ、その後は、なにか上手く噛み合わず、1-0で前半終了。

後半開始。

やっとエンジンが、かかってきたのか立て続けのゴールラッシュsign01

終わってみると7-0の大差で完勝。

2回戦に駒を進めた。

次も頑張れsign03

走れsign01トナカイ

2012/07/19

町営駅前高等温泉

120719_007

別府駅前

町営駅前高等温泉

外観からは何が高等かわからない・

入口がぬる湯とあつ湯に分かれている。

宿泊・休憩もできるようだ・・・

今度時間があったら入ってみるか・・・

エッチビル

120719_006

エッチビルsign02

別府駅前通りで発見。

テナントにエッチ美容室が入っている。

看板のピンク色、書体ともに誤解を招きそう!

麺食い日記 Vol.559 別府 玉八

120719_004

noodle 別府 玉八

先輩に別府に老舗のちゃんぽん屋があると聞き訪麺。

写真はちゃんぽん大盛 800円。

いかにも昔ながら感漂う佇まいで登場。

麺が普通のちゃんぽん玉と異なり、細い。

一緒に行った人のチャーシュー麺の麺と同じ太さであった。

スープは、かなり濃厚なとんこつでとろみあり。

具は、一般的な具材に加え、大分らしく干し椎茸のスライスが入っている。

120719_001

奥の厨房で大将が鍋を振る。

後ろ姿に年季を感じる。

店の中はこんな感じ

120719_002

思いっきり昭和な感じのレトロ感満載。

メニューはこんな感じ

120719_003

これも渋い。

喰ったちゃんぽん、決して現代風の美味さかというとそうではないが

老舗ならではの伝統の味とだけ言っておこう。

★★★★☆

外観はこんな感じ。

暖簾を予め、めくってあるのも何か味がある

120719_005

2012/07/17

麺食い日記 Vol.558 太一商店

120717_002

noodle太一商店

今日は無性に極太ラーメンが喰いたくて、太一商店へ。

ラーメンの大盛を注文し

タレ・・・少なめ

背脂・・・普通

ニンニク・・・少なめ

野菜・・・多め で指定。     

出てきたラーメンに魚粉と粗挽き胡椒をたっぷりかけて食す。

もやしとキャベツが、程良い茹で加減で、シャキシャキ、サクサク。

麺は極太で存在感充分。

焼き豚ならぬ、煮豚もしっかり味が滲みていて、かつ、ホロリ、ホロリと

口の中で崩れる感じがGOODgood

スープは、タレを少なめにした分、いつもの醤油辛さは薄まり、丁度良い加減。

この店に”3度食べればわかる味”みたいな貼り紙があるが、

3度目にしてベストの味を発見sign02

★★★★★

野菜の多さを表現するために、アングルを変えて撮影するも

あまりの野菜の多さに、てっぺんが切れてしまったの図。

120717_001

2012/07/13

麺食い日記 Vol.557 ドライブインはねやま

Dsc00006

ドライブインはねやま

大分県の九重町でプレゼン。

八つ墓村の映画を想起させるかなりの田舎。

大雨の中、飛び込んだお店。

とりあえず一番人気というチャンポンを大盛りで注文。750円

出てきたのがこれ。

かなりの大盛りに一瞬たじろぐが、作業開始。

地元で採れた野菜が、これでもかと入っている。

スープは、いわゆる長崎チャンポンのようなスープではなく、醤油ベースだ。

表面には5mm程度の透明な脂が層をなしている。

麺は一般的なチャンポン玉で、茹で方も普通。

これはこれで、なかなか美味しい。

ただ、食べ進めるうちに量も多いせいか、すこし飽きてくる感じ。

支払い時に、スープについて問うと、豚のゲンコツを煮込んで出しているとのこと。

たまには、こんなチャンポンも良い。

★★★★☆

Dsc00007

2012/07/11

うまいもの見つけたVOL.99 鶏むね肉の手作りハム

120711_001

鶏のむね肉を使ってハム作りに挑戦。

①鶏のむね肉は皮をとる。

②砂糖をすり込む(量は適当)

③塩をすり込む(量は適当)

④サランラップでキャンディーのように包み、冷蔵庫で1日寝かせる。

⑤ボウルに水をはり、30分砂糖と塩抜きをする。

⑥再び、サランラップでキャンディーのように包む。

 その時、先にラップ側に粗挽き胡椒をばらまいておくと上手くまぶせるようだ。

⑦少し多めの湯を沸騰させ⑥を投入。

⑧再沸騰したら火を止め、蓋をし自然に温度が下がるのを待つ。

冷えたら完成。

120711_002

初挑戦で、失敗したのは粗挽き胡椒をまぶすところ、

偏って、斑になってしまった。

ただ、味の方は、まさにハムの味sign01

一部は、酒の肴に、残りをハムエッグにして喰った。

なかなかの出来栄えに満足。

お試しで成功したので、次回は量を多めに作ってみることにする。

うまいもの見つけたVOL.98 天まで上がれ 古国府店

120711_003

天まで上がれ 古国府店

今日は、久しぶりに気分を変えて天麩羅定食。1200円

海老がプリプリでかつ、サクッと揚がっていてグッド。

全体像はこんな感じ。

120711_002

めし、みそ汁、りゅうきゅう、茶碗蒸し、漬物とデザートのあずきと団子。

そして、食後のコーヒー。

店はこんな感じ・・・

120711_001

2012/07/10

うまいもの見つけたVOL.97 蓮根

120710_002

蓮根

大分市府内町

今日は会社の一番若手の提案で、ステーキ重御膳。1050円也

柔らかい牛ステーキは、甘めのタレがかかっていて

ご飯がススム。

全体像はこんな感じ。

120710_001

もう少しボリュームがあれば言うことなし!

120710_003

2012/07/09

うまいもの見つけたVOL.96 竹善

120709_002

竹善

大分市都町

写真は関アジ、鱧(ハモ)、石鯛。

鱧は梅肉でさっぱりと食す。

実に新鮮でGOODsign01

120709_003

続いてメバルの煮つけ。

これも絶品。

店はこんな感じ

120709_001

純和風の店なのに〆のカレーライスがまた抜群。

ご馳走様でしたsign01

2012/07/08

豊後探訪 VOL.10 柞原八幡宮の大楠

Dsc00032_2

国道10号線沿い西大分駅近くに柞原(ゆすはら)八幡宮参道ハイキングコースという

案内看板があり、前から気になっていたのだが、

今日は朝から梅雨の中休みで絶好のウォーキング日和だしチャンスとばかり行ってきた。

Dsc00031

看板の角を曲がるとスタート地点?

川沿いの道を富士紡の工場跡地を左手に見ながら山に向かって

テクテクと歩く・・・

町を抜けると山道になって、辺りの景色は一変。

いつの間にか里の景色に・・・

途中、道が狭くなり山道の風情。

適宜、給水をしながら、さらにテクテク歩く。

スタート地点から4km?くらいで柞原八幡宮到着。

Dsc00003

八幡宮の由緒はこんな感じ。

Dsc00005

手水舎で手と口を清める。

Dsc00028

本殿までは石段が続き、周囲は鬱蒼とした森。

巨木が静かに迎えてくれる・・・

Dsc00026

木々のお蔭で、かなり涼しく、山道を登ってきた体をクールダウン。

右手に巨木が見えてくる。

なにやら看板が・・・

Dsc00021

樹齢400年のほるとのきとある。

Dsc00024

アングルを変えるとこんな感じ。

巨木であるがゆえに全貌をとらえきれない・・・

Dsc00023

さらに石段を上る。

すると今度は左手にさらに巨大な樹木が・・・

どうやら、この八幡宮のご神木であるようだ。

看板には、柞原八幡宮のクスノキ。天然記念物とある。

Dsc00016

樹齢3000年。幹の周囲18.5m,高さ34m.

後で調べると日本の巨樹12位。

楠では8位の大きさ。樹齢 3000年は日本最古とのこと。

堂々たる風格の巨木である。

Dsc00020

角度をかえるとこんな感じ・・・

Dsc00017

しばし時を忘れ、見入ってしまう・・・

圧倒的なパワー、威圧感である。

人類の歴史以前からここに存在しているのだ・・・

それに比して人間の、己の小ささよ・・・

などと思いつつさらに階段を上り、本殿に向かう

途中の山門。

Dsc00015

そして、本殿に到着。

Dsc00006

今日は祭事があるらしく、宮司?権禰宜?さんたちが清掃や

準備を進めていた。

本殿の祭壇はこんな感じ

Dsc00009

大友宗麟公奉納の太鼓。

Dsc00010

さすがに太鼓の皮は、張り替えられているようだ。

古そうな絵馬なども掲げられている。

Dsc00011

お参りし、少し休憩した後、下山。

さっき上ってきた石段を上から見るとこんな感じ。

Dsc00013_2

下山の途中で発見した蛇。

Dsc00029

あとは、上ってきた道を一気に下り、再び麓に・・・

途中の川で見つけた鯉。

大きさが分かりにくいが、70~80cmくらいのサイズ。

こんなのが一般の川にうようよ生息しているのが凄い。

Dsc00030

そして10号線を横断し、最近のお気に入りのスポットの

かんたん港園で休憩。

Dsc00033

Dsc00034

今日は、山の緑と海の青に癒された1日となった。

歩いた距離、13.9km.

2012/07/05

うまいもの見つけたVOL.95 一慶

120705

一慶

大分市中央町

某TV局さんとの会食。

鮮度抜群の刺身の盛り合わせsign01

いやあ、美味しゅうございましたsign03

麺食い日記 Vol.556 中華そば 竹星

120705_003

noodle 中華そば 竹星

大分市中央町1-4-22

昨日、オープンしたての店。

店の看板メニューらしき中華そばの大盛を注文。650円。

注文してから17分後にやっと登場。

開店して間が無いためか、うまくオペレーションが回っていない。

先に店にいた人たちは、かなり待たされていたのか、皆、不機嫌な表情であった。

さて、味の方は・・・

中華そばということで、さっぱり系の醤油味を想定していたが、

期待に反して、かなり脂っこい感じ。

竹田の鶏と豚と地元の香味野菜からスープを摂っているという

能書きが店内に掲示されている。

スープに関しては、こだわりを強調しているが、麺に関しては、

自慢のとか、自家製のしか謳っていない。

120705_001

でも、この脂っこさは、やはり、中華そばではない・・・

どちらかと言えば、油そばというネーミングの方がふさわしい。

店のオペレーションも含めて改善の余地、大アリだ・・・

★★★☆☆

120705_002