楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 2012年5月 | メイン | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/29

麺食い日記 Vol.554 くるめラーメン 大分本店

120629_001

noodle くるめラーメン 大分本店(仲西店)

看板が気になっていた店で、初の訪麺。

昼飯時を過ぎていたので、店内は俺一人。

おばさんが徹子の部屋を見ながら客待ちをしていた。

写真は、ラーメン、500円。

注文してから3分以内で出てきた。このスピードはヨシッsign01

チャーシューともやしとネギ。

麺は細麺ストレートで、見た感じからして長浜チックな佇まい。

これに、たっぷりの胡麻と胡椒をふりかけ、いざ、実食sign01

食べ進めるにつれ、久留米じゃなく、これは、

完全に長浜ラーメンに分類されるべきだという思いがつのる。

まあ、久留米でも長浜でも、旨けりゃいいのだが・・・

総合的には昔ながらのラーメンという感じでそこそこ旨い。

やや、醤油の量が多い感じだが、合格sign01

でも、久留米を期待してきた人には・・・?

★★★★☆

120629_002

2012/06/26

麺食い日記 Vol.553 菊の屋ROCK

120626_014

noodle菊の屋ROCK

写真は菊の屋ラーメン、超ど濃。よ~するに一番スープが濃い奴。650円

聞きしに勝るコッテリ濃厚スープ。

麺は細麺ストレート。チャーシュー、煮卵、メンマにネギ。

替玉は100円。

まずまずの味でした。

★★★★☆

120626_013

2012/06/22

麺食い日記 Vol.552 炎王 府内店

120622

noodle 炎王 府内店

写真は醤油らーめん、550円

何度か訪れた店ではあるが、醤油は初の注文。

麺、スープ、チャーシュー、どれをとってもフツーな感じ。

これといった特徴もなく、ありふれた醤油ラーメン。

これくらいなら俺も作れるぞッというレベル・・・

ランチタイムということで、ご飯が1杯サービスで付いてきた。

これに、辛子高菜をドッサリのせて喰ったのだが、

そっちの方が、余程旨い・・・

トンコツもイマイチだし、この店は・・・無いな・・・

★★★☆☆

2012/06/21

うまいもの見つけたVOL.93 ステーキ

Dsc00006_3

今日は体調がイマイチ良くなかったので

スタミナをつけるためにステーキを焼いた。

付け合せは残っていたもやし。

大根おろしと特製ニンニク醤油でさっぱりと・・・

これが、食えれば明日は大丈夫だ!

2012/06/20

麺食い日記 Vol.551 太一商店

120620_001_2

noodle 太一商店

 大分市乙津町1-1

2回目の訪麺。

今回は、大盛を注文。 700円也

女性店員の”ラーメンの並でいいですか?”という言葉に反射的に

大盛にしてしまった。

女性に”並”と言われることに無意識のうちに反発してしまったようだ。

タレの濃さ、野菜の量、背脂、ニンニク、すべて普通で指定。

極太麺が喰い応えがある。

120620_002

3つのこだわりにウソ、偽りはない。

この味、確かにやみつきになりそう。

魚粉をたっぷり入れるとさらに旨み増大。

これに、ゴリゴリして出す荒挽きの胡椒がベストマッチ。

★★★★★

120620_003

2012/06/15

マカオ・香港 3泊4日の旅

2012.6.11~6.14まで、3泊4日のマカオ・香港の旅に行ってきた。

2012.6.11 旅行初日

20120610_002

キャセイ・パシフィック航空の福岡空港発、台北経由、香港行き。

定刻10:50だ。

20120610_004

離陸してしばらくすると、機内食のランチが出てきた。

20120610_006

ビーフと味の薄いチャーハンとミニ冷やし中華とKitKat、ドリンクはコーラを選択。

食後は寝て過ごす。体力温存だ・・・

台北でトランジット・・・

20120610_007

再び飛行機に乗ると、早くも3時のおやつが出てくる。

20120610_009

ホットドックとオレンジジュースだ。ホットドックはパサパサしていてイマイチ。

乗っていて気がついたのだが、座席のヘッドレストは、両サイドが内側にたためて

頭を保持してくれて楽だ。もちろんエコノミークラスだけど・・・

20120610_010

ほぼ時間通りに香港空港到着。

空港内の地下鉄に乗り、マカオへ渡る船のターミナルに向かう・・・

20120610_011

乗船手続きを終えて、一服。

やはり、ここでも喫煙者は肩身が狭い・・・

20120610_013_2

待っている間、両替をしたり、周辺をうろうろしたり・・・

20120610_014

ちょっとした麺屋があったけどさすがに食えず、とりあえずメニューだけチェック・・・

20120610_015

マカオ行きの船に乗船。

高速船TURBO JET(噴射飛航)ってやつだ。

20120610_017

200人乗り位の船内は割りとゆったりしていて快適だったが

マカオに接近すると揺れが激しくなり、気分が悪くなった人もいたようだ。

俺は何とも無かったけど・・・

20120610_021

約1時間ほどでマカオに到着。

港には他の船も停泊していた。

20120610_024

入国手続きを終え、荷物を受け取るのだが、これが遅れてかなり時間を

喰ってしまった。これが、あとのスケジュールに影響を与えることに・・・

フェリーターミナルはこんな感じ・・・

20120610_026

ここからバスに乗りホテルに向かう・・・

20120610_027

フェリーターミナルの外観はこんな感じ・・・

20120610_028

すっかり暗くなってしまった・・・

因みに時差は日本の1時間遅れだ。

そして、2泊するホテルオークラ・マカオに到着・・・

20120610_031

見よsign01このゴージャスさsign03

マカオといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。

このホテルにもカジノが隣接していて、この派手さはまるでラスベガスのようだ・・・

行った事無いけど・・・

ベッドは軽く5人くらい寝られそうなビッグサイズ。

20120610_030

風呂、洗面台、トイレも超ゆったりで高級感たっぷり。

中でも、特製バスローブは最高に気持ちが良かった。

こっそり、もって帰りたい衝動に駆られるがやめた・・・

20120610_092

一息ついて、晩飯と夜の散策に出かける。

目指すお店は喜迎楼

20120610_037

そして、まずは、マカオビール・・・

普通に旨い。因みに1本50HK$、

約500円くらいだ。

20120610_038

今日のコースはこんな感じだ・・・

読んでも良くわからん・・・出てきてのお楽しみだ

20120610_043

料理のいくつかを・・・

20120610_039

20120610_040

鶏の頭は出さんでも良かったのに・・・妙に生々しい・・・

20120610_041

エビチリ・・・。写真撮る前に喰うなよな・・・

20120610_044

デザートを食って満腹になったところで、夜の散策に・・・

まずは、Wynnのカジノの前の噴水ショー

20120610_058

それから、同じくWynnのカジノのアトラクション

20120610_068

そして世界遺産に指定されたマカオ歴史地区の中心に位置する

セナド広場あたりを徒歩で散策。

20120610_071

世界遺産の民政総署

20120610_074

ポルトガル統治時代にポルトガルから持ち込まれたという石畳

20120610_075

仁慈堂大楼という白い建造物 これは世界遺産じゃないようだ。

20120610_076

夜でも人通りが多い広場

20120610_078

途中の洒落た路地。若者がたむろしていた。

20120610_079

洒落た標識

20120610_082

マクドナルドもあったりして・・・

20120610_083

肉の燻製を売っている店や

20120610_086

魚の干物を売っている店があったり

20120610_087

その一方で、怪しげな路地があったり

20120610_080

露天商が店じまいをしていたり

20120610_077

交通量も多いところだった。

20120610_089

マカオには、やたら原付が多く、ほとんどが日本製。

しかもスポーツタイプの奴が多くて、お婆さんが乗っていると少し笑えたりもした・・・

この時点で、福岡を離陸してから12時間以上経っており、くたびれたので

ホテルに戻って風呂に入り就寝sleepy

旅行初日終了。

2012.6.12 旅行2日目

朝食はホテルでバイキング。

朝から小さいお椀の麺類でスタート。

魚のすり身がなかなか旨い。スープもさっぱりしたトンコツ風?で旨い。

20120610_099

それとフルーツをどっさり・・・

20120610_100

そして、市内観光に出発!

バスで移動し世界遺産のセント・ポール天主堂跡へ向かう

20120610_102

途中の街並、道は狭く、建物も古い

20120610_103

セント・ポール天主堂跡付近で見かけた若い女性。

20120610_105

世界遺産セント・ポール天主堂跡

前面の石で出来た部分だけが残っているが、奥は木造だったため今は無く

広場と博物館になっている

20120610_106

セント・ポール天主堂の礎石

20120610_112

博物館に入ってみた

20120610_108

中には殉教者の遺骨や

20120610_107

絵画などが展示されていた。

20120610_109

20120610_110

20120610_111

隣接するお寺側から見たセント・ポール天主堂の裏側。

20120610_114

そこから徒歩で砲台跡に向かう。

20120610_118

大きなガジュマルの樹があったりする

20120610_119

このあとは、町を散策。

マカオの人と生活を探ってみた・・・

20120610_131

肉屋さん

20120610_132

屋台の食堂

20120610_133

新聞、雑誌売り場

20120610_134

服、古着?を売っている店

20120610_137

20120610_138

魚屋さん

20120610_139

20120610_140

20120610_141

20120610_142

20120610_143

20120610_144

20120610_145

20120610_146

ズラリと駐輪してある原付

20120610_147

乾物屋さんの商品

20120610_148

値段交渉している?光景

20120610_149

20120610_150

卵屋さん

20120610_151

果物屋さん

20120610_152

20120610_153

20120610_154

何でも屋さん?

20120610_156

20120610_157

やる気のある雑誌屋さん

20120610_158

やる気の無い雑誌屋さん

20120610_159

フカヒレ屋さん?

20120610_160

両替商の看板

20120610_161

ここで一休みして、マカオ名物、エッグタルト!

あまり甘くなくて、しっかり卵の味がしてまずまず。

20120610_162

ここから昼食会場のマカオタワーへ移動

20120610_172

ここではバンジージャンプをやっていた。

どうやら世界一らしい、日本円で3万円で、証拠写真、動画、証明書付きで

やれるようだ。スカイツリーでもやってみたら?

これは、まさかの為のエアーマット。

20120610_171

昼食は展望レストランでバイキングで済ませ

マカオという地名の元になったと言うお寺へ

20120610_174

観光客で一杯だった。

これは、巨大線香。最大(丸太の大きさ、写真一番右)のものは1本約3万円。

20120610_175

上からぶら下がっているグルグル巻いているものも線香

20120610_177

爆竹を鳴らすための炉のようなもの

予想より凄まじい音だった・・・自分でやっといてビビッている婆さん・・・1回、約1000円

20120610_178

マカオの絵馬、ど派手な色だ・・・

20120610_179

境内で商売しているソフトクリーム屋さん

20120610_181

ゴミの分別

20120610_182

珍しい樹。赤い花が綺麗だった・・・

20120610_183

ここで一旦ホテルに戻り夜のパーティまでの時間、カジノへ・・・

120614_035

カジノは撮影禁止のため写真は無い。

入り口には、ガードマンが24時間警備。

カジノの本場はラスベガスだと思っていたが、今では、マカオの方がラスベガスの

数倍の売り上げらしい。

マカオには認可をうけたカジノが6団体。30箇所以上で営業している。

売り上げの35~40%が税金としてマカオ政府に吸い上げられる仕組みだそうだ。

日本円にして1日当り70億円の税収と言うからすごい。

従って、マカオ市民からは税金は徴収しないとのこと。

売り上げの7割が、○○製紙の御曹司のような高額のギャンブラーで、

残り3割が観光客のものらしい。

行ったカジノはオークラのほか2つの大きなホテルが隣接している巨大なカジノだった。

バカラ、ルーレット、スロットマシンがサッカーコート2面位の広大なスペースに並んでいる。

また、高額ギャンブラーのための特別室がいくつも用意されていて、一般人は入れない。

俺はというと、寺銭4割以上もっていかれるギャンブルに勝ち目はないと思い、

ほんのお遊び程度でスロットマシンをやるも、あっというまに負けてしまい、

もっぱら、人間観察に回った。

中でも中国人のギャンブルにかける金と意気込みはものすごく、中国人女性などは

目を吊り上げ、金切り声で叫び、鬼気迫るものがあった。

カジノはまさに不夜城で24時間365日動いている、まさに、非日常的な空間だった。

華やかな中で人間の業というか欲というか、ドロドロととぐろを巻いているような

不気味さを体験することとなった。

いやあ、中国のマネーと、その国民性はスゴイと感じた。

夜になり、パーティーに出席

20120610_185

本日のコースはこんな感じ・・・

20120610_186

料理の数々・・・

20120610_187

20120610_188

20120610_189

20120610_190

20120610_191

20120610_192

20120610_193

20120610_194

20120610_195

20120610_196

20120610_197

中華のフルコースで満腹、老酒のロックをがぶ飲みし良い気持ちに

なったところで、シャワーを浴び就寝sleepy

旅行2日目終了・・・

2012.6.13 旅行3日目

2日間泊まった部屋に別れを告げ朝食を済ませ、香港に移動だ

20120610_200

フェリーターミナルに行き、出国手続きを行い乗船時間を待つ・・・

20120610_202

待合室にて

20120610_203

今回の船は青い奴だ・・・

20120610_205

船内にはインド人が多数乗っていた・・・

20120610_207

行きと同じく1時間ほどで香港に到着。

今回は、ほとんど揺れることなく快適な船旅。

ヘリコプターで渡ることも出来るようだが、費用は3万円/人。

時間は15分程度とのこと・・・

20120610_210

ここからバスに乗り香港市街地へ移動・・・

20120610_212

フードコートで昼飯。

色んな国の色んな店があったが・・・

20120610_215

20120610_216

選んだのはこの店

20120610_218

四川の激辛料理の店だ・・・

20120610_217

四川麻辣湯 42HK$を選択。

野菜たっぷりの春雨スープだ。

出てきたのがこれ・・・

20120610_219

店員に辛さを聞かれ、HOTと答えたので、出てきたのは

かなりの激辣だ・・・

ヒーハー言いながら喰い進めるも、スープは辛すぎて飲めず残してしまう・・・

腹ごしらえも済み、タウンウォッチングに繰り出す。

いきなり、一風堂を発見。

20120610_221

色んなところで工事をしているのだが、足場はすべて、竹・・・

強度が心配なのだが・・・

20120610_222

ジャッキーチェンの映画に出てきそうな建物・・・

20120610_223

街角のジュース屋さん

20120610_224

街の景観

20120610_226

20120610_227

20120610_228

和民なんかもあったりして・・・

20120610_229

20120610_230

20120610_231

20120610_232

エロ本を探しているオタク風の男がいたり・・・

20120610_233

見るからに如何わしい連中に

”カイチョーサン、ニセモノ トケイ アルヨ”などと

声をかけられたりする。

最近はシャチョーサンじゃないんだ・・・

20120610_234

昭和レトロ居酒屋 八王子という店を発見・・・

因みにメニューはこんな感じ・・・

20120610_237

金物屋さんがあったり

20120610_236

いかにも、香港っていう感じの店があったり

20120610_238

地下の通路で物乞いをする人がいたり・・・

20120610_239

20120610_240

スタバで休憩してホテルへ・・・

アイスコーヒー ラージで25HK$

20120610_241

今夜1泊するホテル・・・

20120610_248

部屋はこんな感じ・・・

20120610_243

20120610_244

四角い便器は初めて見た・・・

20120610_245

20120610_247

テレビでは、NHKのBS国際チャンネルが視聴可能だった。

一息ついてホテルの周りを散策・・・

ホテルに停まっていた車、豊TOYOTA田との標記あり・・・

20120610_249

小心学童のステッカー・・・

小心者の子供という意味じゃなくて子供に注意の意。

この小心という言葉が、いたるところで散見されたが、そのたびに可笑しくなった。

車の修理工場

20120610_250

狭い路地裏

20120610_251

不動産屋さんの貼り紙

20120610_252

スーパーマーケットに買出し

20120610_253

20120610_254

日本のビールも並んでいる・・・

しかも、安い!

スーパードライの350ml×6で43.90HK$

日本円で1缶70~80円・・・水より安い・・・

20120610_256

20120610_255

スナック菓子

20120610_257

20120610_258

豆腐なんぞも並んでいる・・・

20120610_259

20120610_260

カップ麺も・・・

20120610_261

息子への土産に出前一丁を8種類購入。

8個で28.30HK$、日本円で300円くらいか・・・

うーん、安上がり・・・

20120610_262

ホテルに戻り、晩飯を食いに街に繰り出す・・・

途中にあった薬局

20120610_266

20120610_267

目的の四川料理の店に到着。

20120610_268

まずはビール・・・

20120610_269

ドリンクメニューは、こんな感じ・・・

レストランはやはり高い・・・

20120610_270

20120610_272

ミニ担担麺

20120610_273

デザート・・・杏仁豆腐

20120610_274

オープントップバス

20120610_275

仕事を終え、職場で麻雀をやる人たち・・・

やたら、でかい牌を使っていた・・・

20120610_276

風呂に入って就寝sleepy

旅行3日目、終了。

20120610_277

2012.6.14 旅行4日目(最終日)

朝食バイキング会場・・・

20120610_280

20120610_279

朝食を終えると、タウンウォッチングに繰り出す

人と生活の観察だ・・・

香港は大規模なインフラの整備が進み、非常に活力を感じる・・・

20120610_281

20120610_283

20120610_285

フリーペーパーを配るおばさん

20120610_286

バスを待つ女子学生

20120610_287

果物の段ボール、日本語の表示が少し変・・・

20120610_288

金枕頭という、よく知らない果物・・・

20120610_289

情報を配っているおばさん

20120610_290

派手な看板・・・

20120610_291

2階建ての市電

バスだけじゃなく市電も2階建てだ・・・

横風が心配・・・

20120610_293

道路標識

20120610_294

餅店、すなわちパン屋さん

20120610_296

八百屋さん

20120610_297

20120610_298

魚屋さん

20120610_299

こんなものも売ってました!

食用ガエル・・・

20120610_300

スッポン・・・

20120610_301

20120610_302

20120610_303

ニワトリ屋さん

20120610_305

20120610_306

20120610_310

足だけ・・・

20120610_311

肉屋さん

20120610_307

20120610_308

豚足・・・右の前脚?

20120610_309

20120610_312

ベトナムの果物

20120610_313

再び八百屋さん

20120610_316

20120610_317

公園、体操をしているお婆さんも・・・

20120610_314

20120610_315

路地裏

20120610_318

定食屋さん

20120610_319

小さめのスーパー

20120610_320

新聞雑誌、煙草売り

20120610_321

吉野家発見・・・

20120610_322

店の前のタペストリー

20120610_357

丼より麺の方が売り?

20120610_358

街の名前が面白かったので・・・

20120610_323

サークルK

20120610_324

ごちゃごちゃの貼り紙

20120610_325

路地で何かを運んでいるおばさん

20120610_326

強引に道を渡ろうとする女性・・・

20120610_328

朝飯の看板、北海道っていう産地表示

20120610_330

街には香港特別行政区成立15周年の掲示がされている。

もう、15年か・・・

20120610_331

干しアワビを売る体格の良い女性。

愛嬌が良かったので、つい土産に購入した。

20120610_332

街角の食い物屋さん

20120610_333

20120610_334

区議会議員の看板

20120610_335

選挙PR用のうちわとちらしを貰ってしまった・・・

選挙権ないんですけど・・・

20120610_336

セブンイレブンの前の新聞スタンド

20120610_337

舗道の工事をする作業員のおじさん

20120610_338

よく見かけた火鍋拉麺のタペストリー

両手での箸持ちが強引?

20120610_339

麺を配送する車

20120610_340

八百屋の刺青兄ちゃん

20120610_341

魚屋さん

20120610_342

肉屋さん

20120610_343

魚屋さん

20120610_344

大人しそうな盲導犬

20120610_345

ボルタ電池?

20120610_346

20120610_347

工事現場

20120610_348

20120610_349

車道を手押し車を押しながら通行する上半身裸のおじさん

20120610_350

靴屋さんの店頭

20120610_351

正露丸の巨大看板

20120610_352

海産物屋さん?

20120610_353

横断歩道

20120610_354

街並

20120610_355

20120610_356

不動産屋さんのマンションの広告

20120610_359

スーパーの寿司売り場

20120610_360

タウンウォッチングを終了して帰路に着く

車窓からの港の風景

20120610_362

香港空港到着

20120610_363

チェックインカウンター

20120610_364

20120610_365

20120610_366

最後の昼飯、ここは、あえて味千拉麺でしめることに・・・

20120610_368

20120610_367

チャーシューメンと20120610_369

揚げ春巻きで、75HK$、約800円弱

20120610_370

食後、少し買い物をして、空港内の地下鉄で35番ゲートへ

1分おきに出ていて便利。

この空港巨大なため、歩いて35番ゲートに行くのに15分かかるため・・・

20120610_371

膨大な量の便が発着している

20120610_373

帰りもキャセイパシフィック航空、定刻14:55発20120610_374

20120610_376

またまた機内食が・・・

カタいホットドックみたいな奴と、オレンジジュース

20120610_378

台北でトランジット

20120610_379

機内食、チキンとパスタとフルーツと中国の菓子、

そして、ドリンクはスーパードライを選択。

20120610_385

最後に飛行機からの撮影4連発

20120610_383

20120610_384

20120610_386

20120610_387

福岡空港に無事到着

20120610_388

荷物を受け取って家路についたのであった。

20120610_389

2012/06/10

カブトガニ

20120610_001

朝ウォーキングの途中、浜に打ち上げられたカブトガニ発見。

場所は生の松原海水浴場。

大きさは洗面器くらいで、個体識別用のタグがついていたが、すでに絶命。

また、1匹死んでしまった・・・

裏はこんな感じ↓

20120610_002

2012/06/06

うまいもの見つけたVOL.92 豊後牛と赤鶏BBQ

120606_003

城島高原ホテルにて

平日の昼間からプロの手によるBBQ&ビール

手前のBBQ串は豊後牛sign01

噛めば噛むほどジュワッと旨みが出てくる感じで、流石sign01

奥は赤鶏と呼ばれる地鶏?

身はややカタめだがコリコリとしてこれもまた良しsign01

プロが焼いただけに焼き加減も完璧。

お陰で昼間っからビール3杯お替わり。

役得を感じた一日だった・・・

2012/06/04

麺食い日記 Vol.550 トラットリア魚8 ~うおはち~

120604_001

restaurantトラットリア魚8~うおはち~

初めて入った店。

入口のメニューの山かけりゅうきゅう丼を喰いたいと思って入店したのだが、

店員曰く、やまいもを切らしてしまい、普通のりゅうきゅう丼になりますが、

大丈夫ですか?というヘンな日本語に腹が立ち、注文を変更。

じゃあ、牛すじ煮込み定食というと、それも、ありませんと言う。

じゃあ、何があるんだと聞くと、その2品以外ですと言う。

間抜けな店員とこれ以上、話をしたくないので、頼んだのが写真のカルボナーラ。

これに、サラダとパンが2切れついて800円。

サラダは野菜がシャッキリしていて美味かったが、パスタは、質、量ともに不満。

もともと、パスタから定食ものまである店で、実態がよくわからないばかりか、

店員が、慇懃無礼で間抜け。

2度と行かないであろうことは想像に難くない・・・

★★☆☆☆

120604_002

2012/06/01

麺食い日記 Vol.549 華風 福壽飯店

20120601

noodle 華風 福壽飯店

大分に転勤して以来、9ヶ月ぶりの訪麺。

その間、店の名前も大名華風から華風 福壽飯店に変わっていた。

丁度、転勤してから1ヵ月後に変わっていたようだ。

注文は、もちろん大好物の酸辣湯麺。

福岡時代は週1~2回は喰っていたお気に入りメニュー。

転勤してからも、しばしば無性に喰いたくなるのだが、それも叶わず、

夢にまで見た代物。

店の名前は変わっても、変わらぬ味。

いやあ、実に美味かったsign03

★★★★★