楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月

2012/02/29

うまいもの見つけたVOL.74 うなぎ 丸友

120229_001

うなぎ 丸友

地元の放送局お薦めのうなぎ屋さん。

写真はうな重定食、特上!2650円

うな重と肝吸い、白焼きの大根おろし和えと豆腐、山菜、漬物がセット。

特上の割に、うなぎが少ないと思ったら、ごはんの中にさらにうなぎが埋まっていたup

ヨリの写真はこれ

120229_002

鹿児島産のうなぎを使用しているとのこと、旨し!

店内の貼り紙をみると昨今のうなぎ価格高騰の為、

3月より(明日から)値上げするらしい。

図らずも、値上げ前のギリギリに入店したわけだ。なんというラッキーさだろう。

外観はこんな感じ

120229_003

2012/02/28

うまいもの見つけたVOL.73 しょうが焼き定食

120228_001

restaurantCafe & Bar ひまわり

大分市府内町

写真は、しょうが焼き定食。650円。

今日は朝からしょうが焼きモード、同僚とともに定食屋の探索。

程よい味付けで、旨いしょうが焼き発見。

でも、やっぱり美松には敵わない?

ただ、この店、手作りピザがふあふあで旨いらしい。

次回は、夜の部の探索だ・・・

120228_002

2012/02/27

麺食い日記 Vol.524 龍苑

120227_002

noodle 龍苑

写真は五目湯麺、ごはん、サラダ、豆腐、杏仁豆腐、漬物とセットで850円。

この五目湯麺、野菜が、ゴロンゴロンと入っていてヘルシー。

単身赴任の今、昼飯はできるだけ野菜を摂ろうと思い注文したわけだ。

ただ、麺は少しヤワい感じでイマイチかなぁ・・・

スープも醤油が濃くてちょっと塩っぱい・・・

次回は無いな・・・

注文とりに来た女性、中国人なのは良いんだけど、日本語が通じないし・・・

★★☆☆☆

因みにセットの全体像はこんな感じ

120227_001

2012/02/24

麺食い日記 Vol.523 馬力屋

120224_005

noodle 馬力屋

大分市明野

以前からド派手な看板が気になっていた店。

きっと、ネーミングからして髭モジャで小太りで黒いTシャツと赤いバンダナをした

やたら声のでかい30代中盤の店長っぽい人に”いらっしゃいーっ”

迎えられるのだろうとの予想を覆され、若い女性の”ようこそ、いらっしゃいませup

という、しかも、3人同時に見事にハモった声で、出迎えられる。

取りあえず、食券を買う。

中盛と大盛がサービスとのことで、迷わず大盛600円を購入。

スープの濃さは普通で、脂多めの、カタ麺を指定。

出てきたのが写真。

厚めのチャーシュー1枚と、ホウレン草、海苔3枚、そして、ネギ。

スープは、醤油豚骨でこってり系。

麺は太麺で、コシとガッツリ感アリ。

全体的には醤油がやや濃いが、俺の好みのツボをキッチリ押さえられてしまった。

要するに、気に入ったsign01

帰るときにチョコアイスのサービスもあり、口直しに良い。

120224_006

ただし、一人一個のお約束。

店は3人娘で切り盛りしていて明るい接客と笑顔が印象的。

午後からの馬力を貰って店を後にした。

★★★★☆

120224_007

2012/02/23

麺食い日記 Vol.522 留園

120223_001

noodle 留園

2度目の訪麺。

前回は、五目そばだったが、今回は焼そば、650円

両面を焼いた麺が香ばしくて、餡かけとの相性も良い。

基本的な味は前回の五目そばとほぼ一緒だがこれはこれで美味い。

今日の客は、見事に男ばっかり。

しかも、皆が黙々と喰っている姿は見ていてやや滑稽であった。

いかにも、地元で永く親しまれている店といった感じだ。

★★★★☆

2012/02/22

麺食い日記 Vol.521 鹿児島ラーメン 大黒

120222_001

noodle 鹿児島ラーメン 大黒

大分市宗方

TV局のラーメン仲間と訪麺。

写真はラーメン白 550円。

見た目と異なりあっさりしたとんこつスープ。

カタ麺で注文したが、ジャストな茹で方。

チャーシューとネギともやし入り。

シンプルでなかなか良し・・・

120222_002

スープを飲み干すと丼の底に”この一杯に情熱を込めて”の文字が・・・

あっさりしていて良いのであるが、個人的な好みとしては

もう少しコク、パンチがあってもいいかなあ・・・

★★★★☆

120222_003

2012/02/17

麺食い日記 Vol.520 久留米大砲ラーメン 別府店

120217_002

noodle久留米大砲ラーメン 別府店

写真は、昔ラーメン、500円。替え玉100円。

本当は、東別府の”なべさんラーメン”という店に行きたかったのだが、

昼過ぎにもかかわらず、スープが切れてしまったとのことで

タッチの差で門前払いを食ってしまった。

しかたなく、馴染みのある大砲ラーメンに入った訳だ。

大砲ラーメンのお店は、他の場所には何度も行っているので、

おおよそ、味の見当はついているし、別府の店は初めてだが、

外れはないという安心感がある。

出てきたラーメン、予想に違わず旨い。

バリカタで頼んだ麺も良し、海苔、メンマ、チャーシュー、ネギ、

そしてカリカリも香ばしくて良い。

アウェイの地で、幼馴染にあったような懐かしさもあり、大満足。

★★★★☆

120217_003

因みに門前払いをくったなべさんラーメンの外観がこれだ。

ちょうど到着したときに、暖簾を店内に掛け直され

スープ切れの為、18:00まで待てという札をぶら下げられてしまった。

まさにタッチの差。

次は、必ず!とリベンジを誓う・

120217_001

2012/02/16

麺食い日記 Vol.519 大納言

120216_001

大納言

今日は何故か、朝から焼きそばモード。

府内町にある大納言という店に初めての訪麺。

写真は焼きそば大盛 650円。

極めてシンプルな焼きそばで特徴という特徴は無い。

麺も普通なら野菜、豚肉、焼き方、ソースのどれをとっても普通。

ある意味では最も焼きそばらしい焼きそばと言えるかもしれない。

これはこれで良いのだと妙に自分を納得させて店を後にした・・・

★★★☆☆

120216_002

2012/02/15

麺食い日記 Vol.518 ラーメン工房ふくや

120215_001_2

noodle ラーメン工房ふくや

大分駅前、初の訪麺。

写真は背脂こってりラーメン大盛、750円。

地元TV局の友人からの情報でこってりを注文。

いやあ、かなり強烈sign01

こってり好きの俺も参りましたdown

味は、見ての通り脂ギッシュなのは言うまでもないが、スープ自体も濃い・・・

麺はストレートの細麺のため、スープと絡み過ぎていささかドッキリ。

でも、決して嫌いではない。

因みに豚バラのチャーシューも2枚入っているのだが、背脂に隠れて見えない。

いつもは、スープも残さない俺だが、

さすがに、この背脂がそのまんま俺の腹の脂になりそうな気がして半分残す。

それでも、また、喰いたくなりそうな予感。

★★★★☆

120215_002

2012/02/14

義理チョコ

120214_163401 行きつけのクラブのママさんから

義理チョコが届いた。

3つ貰ったのではなく

奥の袋に左手前の袋が入っていて、

さらに、その中に右手前のチョコが・・・

まるで、マトリョーシカのようだった!

2012/02/13

麺食い日記 Vol.517 鳴門うどん

120213

鳴門うどん

2回目の訪麺。

前回は体調不良のためわかめうどんの普通サイズ=麺300gであったが、

絶好調の今日は、肉ごぼうのW=麺600gを注文。500円。

因みに麺の量はトリプル=900gまで、どれも同じ値段だというのがうれしい。

会社の若手社員は、小さい子供2人の4人家族で行って

一家で分けて喰ってちょうど良いなどと言っていた。

このうどん、ごぼうも肉も多めに入っていて、さすがに腹いっぱいに・・・

900gは無理かな・・・

今日は寒くて、しかも雨。昼飯時の店内は、ほぼ満席。

人間、考えることは同じなんだなあ・・・

味は、可もなく不可もなくといったところか。

★★★☆☆

2012/02/10

うまいもの見つけたVOL.72 関サバのりゅうきゅう丼

120209_001

fish 海の幸 食堂よっちゃん

大分市中央町

以前から前を通る度に気になっていた店で、魚屋さんがやっている食堂。

主に海鮮丼など、丼物のメニューが豊富。

写真は、本日限定入荷の関サバのりゅうきゅう丼。味噌汁、小鉢、漬物付きで1200円。

店に入るなり、お店の女性が勧めてくれたので、何気なく”じゃあ、それ”で注文。

後で値段を見てビックリ。

やはり、大分でも関サバは高いなぁ・・・

でも味は良しsign03

身がプリプリしていて、鮮度も良く、旨しsign01

下がヨリの写真。

120209_002

関サバも旨かったが、モズクのみそ汁も程よく磯の香りがして、かつ

魚の出汁が効いているようで旨かった。

サラリーマンのランチの値段としてはやや高かったが、結果、大正解sign01

120209_003

2012/02/09

麺食い日記 Vol.516 トラの夢

120209_001

noodle トラの夢

大分市森町

2回目の訪麺。

1回目に行った時の、強烈な濃厚醤油とんこつスープが忘れられず、

また行きたいと思っていた店。

前回は味玉ラーメンの大盛だったが、今回はその名も虎ラーメンの大盛。790円

相変わらずの濃厚なスープは獣臭たっぷりで強烈。

分厚い炙りチャーシューも健在で、炙った分だけ香ばしさを迸らせる逸品。

煮卵、メンマ、キクラゲ、海苔も良い仕事をしている。

近ければ週1は通いたい店。

大分ラーメン生活6か月目に突入したが、現在のところ暫定1位だ。

★★★★★

120209_002

店の外観は海の家を想起させるバラックのような作り。

道路からは提灯が目印だ。

120209_003  

2012/02/07

うまいもの見つけたVOL.71 インスタントキムチ鍋

401070_237873079629252_100002196845

今日は大分もかなり冷え込みが厳しく、仕事を早めに切り上げて自炊。

かといって買い物に出るのも億劫で、有り合わせの食材でキムチ鍋を作ってみる。

キムチ鍋の素みたいなものもなく、ベースは、韓国の激辛のインスタントラーメン。

鍋に、このインスタントラーメンの粉末スープを入れ、冷蔵庫にあった、キャベツ、

しめじ、長ネギ、冷凍餃子、冷凍牡蠣、豚肉、油揚げを投入し、煮ることしばし。

出来あがったのが写真のキムチ鍋。

厳密に言うとキムチは使ってないので、キムチ鍋風激辛鍋といった方が正しいかも。

で、結果は、大正解sign03

途中、キャベツを追加、餃子も追加し、焼酎を飲む。

身体はポカポカで味もそこそこ。

最後は残しておいたラーメンの麺を入れシメに。

この、お手軽キムチ鍋、この冬マイブームになりそうな予感・・・

2012/02/06

うまいもの見つけたVOL.70 あんとれ 

120206_017

今日は地元のテレビ局の人とランチに。

とり天定食 650円。

大分に来てからかなり、とり天の頻度が上がってきた。

ここのお店は、濃いめの醤油ダレで喰うのであるが、これもまた旨い。

とり天は、平べったく揚げてあるので食べやすい。

究極のとり天探しの旅はまだまだ続く・・・

120206_018

2012/02/05

豊後探訪 vol.8 第61回別府大分毎日マラソン

Dsc00020

2012.2.5

別府大分毎日マラソン観戦

スタートは大分市高崎山うみたまご前

写真はスタート前のスタート地点に集合する選手達。

1000名以上の参加。

Dsc00025

優勝は、アルン・ジョロゲ(小森コーポレーション)

Dsc00026

カンボジア国籍を取得してロンドン五輪出場を目指している芸人の猫ひろしは、

自己記録を7分以上縮める2時間30分26秒の好タイムで完走し、50位。

Dsc00028

初めての別大毎日マラソン観戦楽しかった!

ひげ坊主さんお疲れ様でした!

2012/02/02

貼り紙の多すぎる店

Oyori

貼り紙が多すぎて、かえって入りづらいんじゃないかな。

うまいもの見つけたVOL.69 大分名物だんご汁

Dangojiru

クライアントを表敬訪問。

話も一通り終わり、引き上げようとすると、その会社の会長さん(お婆ちゃん)が

だんご汁作ったから食べていきなさいと・・・

聞けば会長自らだんごを捏ねて下さったとこと。

味噌仕立てで美味しかった!

今日は大分もこの冬一番の寒さで、雪がちらついている。

田舎ならではの人情が身も心も温めてくれる。

会長、ご馳走様でしたsign01

2012/02/01

麺食い日記 Vol.515 大分㊝ラーメン

Maruyu_001

noodle 大分㊝ラーメン

大分市元町

先日タクシーに乗った際、運転手さんに大分で旨いラーメン屋はどこ?

と聞くと、元町の㊝ラーメンですかねとの回答。

次にまた違うタクシーに乗った時も㊝ラーメンとの回答。

2打数2安打10割の確率でかえってきたのが今回の訪麺のきっかけに。

写真は大盛ラーメン 650円。

この店は替え玉はやっていないため普通か中盛か大盛の中から選択するシステム。

出てきたラーメン、一見して長浜風の佇まいだ。

薄くて大き目のチャーシューとネギとゴマが、獣臭漂うスープの上で煌めいている。

うーん、久しぶりのトンコツっぽいトンコツだ。

まずは、スープを一啜り。

おやっ、ただならぬ獣臭の割には、あっさりめ。

もう少しこってりしていても良いかなという感じ。

ストレートの細麺の方は、カタ麺で注文した割には、軟弱な感じだったのがちと残念。

★★★★☆

食べてる間に店内を見ると、タレントのなぎら健壱さんを発見sign01

Images まさか、こんなところでお目にかかるとは・・・

何かの収録で大分に来ているようで、撮影スタッフと来ていたので

最初は気付かなかった。(ただのオッサンに見えてしまって・・・)

本人の写真は撮れなかったので、サインの写真を撮ってきた。

Maruyu_002

書いてもらったばかりの色紙が従業員の服の上に無造作に置かれていたのが

可笑しかった。

店の横には、外から見える場所で大窯でスープをとっており

その獣臭が店外に拡散されていた。

Maruyu_003

店の外観はこんな感じ。

Maruyu_004