楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 麺食い日記 Vol.485 ラーメン処 西谷家 | メイン | 麺食い日記 Vol.486 IMPACT »

2011/10/16

全国高校サッカー選手権福岡県大会1回戦 福翔 VS 武蔵台

111016_198 2011.10.16 福岡フットボールセンターAコート sun

soccer福翔 1-2 武蔵台

前半 0-2

後半 1-0

得点 平野(捷)PK

好天に恵まれたフォットボールセンター

ただ、海に近いこのグラウンド特有の強い風が吹く中でのキックオフ。

試合開始前のコイントスで武蔵台は風上を選択。

前半から攻勢に出ようという作戦?

福翔としては前半を耐えしのぎ、後半に勝負をかけるゲームプランを強いられる。

武蔵台、風上を利して早め早めにボールをあげてくるセオリー通りの攻めを展開。

そんな中、相手ミドルシュートが、GK正面に・・・

強風の中、ボールが変化していたのだろう、

GKがファンブルしたボールを蹴りこまれ痛恨の失点。

これで一気に試合の流れが武蔵台に・・・

さらに、アーリークロスに頭で合わせられ追加点を許してしまう。

その後も、風下の劣勢にたたされながらも身体を張ったディフェンスで何とか凌ぎきり

0-2のビハインドで前半終了。

ただ、相手に崩されての失点では無いため風上に回る後半の反撃に期待。

後半開始、福翔ベンチが動く。

2枚の3年生長身選手を投入し、空中戦に勝負をかける。

今度は福翔が、早めに前線にボールを蹴りこみ攻勢に出る。

そして、1年生FWが鋭い切り込みで

ペナルティエリア内で相手の反則を誘いPKを獲得。

これをキャプテンが冷静に決め1点差に・・・

一気に同点に追いつくべく猛攻を仕掛ける福翔。

ただ、シュートはクロスバーに嫌われたり、

ゴールポストの横、僅かに外れ得点ならず。

ロスタイム3分。

最後まで果敢に攻め続けるも無情の試合終了の笛。

この瞬間、トナカイ達の選手権への挑戦は終わった。

3年生はこの試合が高校生活最後の試合となり、本日をもって、引退することとなった。

考えてみると、最後まで負けずに終われるチームは、日本中でたったの1校、

即ち、全国制覇したチームだけなのである。

そういう意味では殆どの高校が最後は負けて高校サッカーを終えるのだが・・・

それにしても悔しい敗戦。

今日、発足することになる新チームの皆さんは、この悔しさを忘れることなく

古豪復活にむけて頑張ってください。

最後に、これまで指導して下さった監督、コーチ、先生方、そして、保護者の皆様、

本当にお世話になりありがとうございました。

来る新人戦には必ず応援にいきますsign01

走れsign03トナカイ

                     to be continued・・・

111016_001

※本日の試合の写真をフォトアルバムにアップしました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397078/27285949

全国高校サッカー選手権福岡県大会1回戦 福翔 VS 武蔵台を参照しているブログ:

コメント

久しぶりに後輩の試合を見れてよかったです。結果は残念でしたが、サッカー人生はまだまだこれからも続きますんで、サッカーが好きならずっと続けていってほしいです!

平野さん、本当にお疲れ様でした。
福翔に入って、息子さんに出会えた事は、
うちの息子にとって大きな財産になると思います。また、引退する三年生も良い先輩達で、同じ時を過ごせて幸せだと思います。
これからは、二年生、一年生が先輩達の意思を継いでくれると思いますので、これからも宜しくお願いします。

福翔サッカー部3年生の皆さん、3年生のお父様方、お母様方、3年間お疲れ様でした。
正直、今日終わるとは思ってなかったので、親の私の方が、まだ心の整理がついてないような感じです・・・

息子が福翔サッカー部に入って約半年、今県大会を決めた夏、一緒に盛り上がり、また1年生大会では、沢山応援を頂きました。
まだまだ3年生の先輩方と親子共々ご一緒できたら良かったのにと、無念の一言です。

こちらの「走れ!!トナカイ」でも沢山楽しませて頂きました。本当に感謝です。

これからも、変わらずご指導の程、宜しくお願いします。
お疲れ様でした。

あひる軍団からトナカイまで お疲れさまでした。
トナカイの皆さん お疲れさまでした。
次は、それぞれの舞台で活躍を期待しています。
これからも、サッカーを愛し続けてください。

コメントを投稿