楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« インターハイ予選高校サッカー福岡県大会準々決勝の結果 | メイン | 麺食い日記 Vol.200 木かげ亭 »

2009/06/01

インターハイ予選高校サッカー福岡県大会準々決勝 VS三潴高校

090531_001_3 2009.5.31 鞘ヶ谷陸上競技場 sun

soccer福大大濠 4-1 三潴高校

     前半 2-1

     後半 2-0

ベスト4進出を賭けた一戦。

先日のTRMでは、降している相手とはいえ決して侮れないチーム。

両サイドのスピードとつなぐサッカーのイメージがある。

試合前のアップ、相変わらずアヒル達の意気は盛ん。up

今日も大暴れしてくれそうだ。heart02

今日は日曜日で、全サッカー部員が応援に駆けつけている。

応援も負けるなsign01

11:00 キックオフ

立ち上がり早々、攻め込むアヒル軍団sign01

そして、いきなりエースストライカー10番の強烈な先制ゴール炸裂punchsign03

何とsign01時間にして開始2分、今日も絶好調だsign01

そして、2点目はフリーキックのチャンスに上がっていた長身センターバック2番の

身体で押し込むかのようなダイビングヘッドが決まる。scissorsこれで2-0。

その後、不運な形で1点献上し前半終了。

後半開始。

アヒル軍団、押し気味に進める中、

途中交替の2年生FW19番が、

右ハーフの敵陣深くえぐってからのパスを冷静に決め3点目bomb

ベンチの采配的中sign03

さらにゴールラッシュは続き、

最後はやっぱりエースが正面ペナルティエリア付近から

右足一閃sign01気合のこもったボールが相手ゴールネットを揺らすhappy01

これで、ベスト4進出を決定づけた。

結果、4-1で三潴高校を降す。

勝因は、好調なオフェンスと堅実なディフェンス?

オフェンス面では、相変わらず好調を維持しているエースストライカーの決定力と、

前の折尾愛真から続く、他の選手の得点。

日替わりヒーローの出現はチームに勢いがある証拠。

しかも、セットプレーからだけでなく、流れの中で獲れているのは大きい。

ディフェンス面では1点はとられたものの、決して崩されての失点ではなく

集中を切らすことなく、両サイドの選手を封じきったことがあげられそう。

中盤も豊富な運動量でよく攻守に絡んでいた。これも見逃せない。good

これで、目標にしていたベスト4進出は決定し、次なる相手はプリンス1部の東海大五。

新人戦では0-3でやられているが、今のアヒル軍団は、一戦一戦力をつけていて

当時の対戦成績は、全く参考にならない。

ベスト4は、素晴らしい成績だが、アヒル達は決して満足していない筈。

さらに貪欲に立ち向かっていけばたとえ強豪相手でも倒せないはずは無い。

今大会を見ても、シード校が次々と姿を消している。

強いものが勝つのではなく、勝ったものが強いのだ!

夢のインターハイ出場まで、あと2勝。

決して、平坦な道ではないが、選手が一丸となって結束し、全力で立ち向かえば

道は拓ける。

大きな夢に向かってがんばれアヒル軍団sign03

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397078/20013309

インターハイ予選高校サッカー福岡県大会準々決勝 VS三潴高校を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿