楽天

  • おすすめ
  • 楽天
  • アウトドア・トレッキング

visitor

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 12/2008

« 麺食い日記 Vol.183 我が家 | メイン | 日本をどげんか銭湯!? »

2009/04/25

平成21年度福岡県中部ブロック高校サッカー大会 VS筑紫

090425_005_2

2009.04.25 筑紫台G cloud 10:00

<1部リーグ>

soccer福大大濠 3-3 筑紫

    前半 0-0

         後半 3-3

昨晩降った雨でグランド状態は不良。ところどころに水溜りもあった。

そんな中で、試合開始。

前半は両チーム互角の展開。一進一退、早い攻守の転換で互いに決定機を

活かせず0-0で折り返す。

新人戦順位決定戦では負けた相手だけに雪辱を期しているのだろう。

今日のアヒルたちは気迫充分。

後半開始まもなく、アヒルのNO.6が右サイドを駆け上がり、

さらに相手DFをかわし敵陣深く切り込む。

そして、絶妙のタイミング、コースでゴール前に早いボールを。

そこに、駆け込んできたNo.10がドンピシャのタイミングのヘディング一閃、

相手ゴールにボールを叩き込み、待望の先取点。

さらに、再びゴール前に抜け出したNo.10、相手GKと1対1に

これを落ち着いて決め追加点。2-0でリード。

良いムードだ。完勝ペースだ。happy01

しかし、この辺からアヒルたちの動きにぎこちなさが・・・・despair

2点リードで”勝ち”を意識したのか、どうも動きがおかしい。

中央を突破され1点献上。

勢いづく相手チーム。

その後、たて続けに2点をとられ逆転を許してしまった。

残り時間はわずか、敗色濃厚。sandclock

ここで、アヒルたちはキャプテンを中心にチームを立て直し攻勢に。

その、執念の猛攻が、相手ゴール前でのファウルを誘いPKを貰う。

これを、キャプテンが冷静に決めて再び同点。punch

そこで、試合終了。

実に惜しい試合だった。前半、そして後半の前半までは、

アヒルたちは、まったく集中を切らすことなく完璧な試合運び。

ただ、リードしたあと、プレーがやや縮こまった感じがする。

ひとつひとつのプレーが、曖昧に。

また、不用意なパスで相手にボールを奪われるシーンが見られ

そこに、スピードのある相手に付け込まれてしまった。

リードを保ったまま”勝ちきる”戦い方も身につけて欲しい。

ただ、逆転されたあとの踏ん張りは今後につながる良い材料。

そのまま負けるのと引き分けるのとでは全然違う。

この悔しさと経験を活かし、気持ちを切り替え

次もがんばれアヒル軍団sign03

<他の試合結果>

筑紫台  1-1  武蔵台

宗像    0-1  筑前

                                                                                                

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397078/19482881

平成21年度福岡県中部ブロック高校サッカー大会 VS筑紫を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿